総合評価3: ヴァイオレット・ムーン

2015年3月6日

ヴァイオレット・ムーン普段は人間に姿を変え生活している、狼たち。父と兄を無くしたマティは、狼の群れを率いるために、オスの狼の伴侶を見つければならなかった。そんな中、体だけを熱く重ねる亡き兄の友人、アンソニー・リッチ。アンソニーは自分の伴侶としてふさわしいのか、悩むマティだった。

著: Alison Paige (訳 杉本 ユミ)

楽天ブックス | Amazon Japan

Black Dagger Brotherhoodシリーズ読書中からの気晴らし第5弾。

読書メーターやTwitterでお世話になっているロマファンの方からの紹介いただいて、読んでみた本。

正直、ハーレクインデジタルの、この手の短編モノは、本当にハズレばかりなのだが、たまに、「おぉぉ~!!」というのもあるのも事実。Kindleで200円とか300円の本なので、内容に文句言うな! と言われてしまえばそれまでだが、こうやって、「あたり」があると、それでも嬉しくなる。

エロと、ロマンス、野生の縄張り、群れとリーダー、男女平等など、短編(短編と中編の間くらいのページ数)の割には、ギュっと内容が詰まって面白かった。それに、狼としての動物特有の可愛らしさなんかもあり、なかなかよろし。

「狼ロミオとジュリエット」とサブタイトルついてるけど、私は、「トワイライト」が被ってしかたがなかった。ジェイコブ率いるワーウルフ達が、エロく恋愛したらこんか感じかな、と想像してみたり。

胸熱度
濡れ度
泣き度
総合評価

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください