総合評価3: The Mistress Files: The Original Sinners #3.2

2015年12月23日

The Mistress Files: The Original Sinners #3.5

Dominatrixのノーラ(Nora Sutherlin)は友人でSMプレイ斡旋業のオーナー、キングスレー(Kingsley)からの過去印象的なBDSMプレイの概要をまとめるよう指示を受けた。人気作家でもあるノーラが紹介する5つのBDSMストーリー。

著:Tiffany Reisz

楽天ブックス | Amazon Japan

皆さん、こんばんは。クリスマスを目前に今年も残す所あと僅か。年内中にこのThe Original Sinnersシリーズを読み終わりたいと思っていましたが、無理だと分かりアッサリ断念ww。まぁ来年年明け早々には読み終わるでしょう。と、気長に行くことにした。だって、大好きな読書にプレッシャーをかける事はしたくない。その時その時のペースで自分が読みたいと思う本を読むのがいいのかなと。

さて、この本は、5つ短編をまとめた本、なんだかDommeのノーラがBDSMプレイを通り越してセラピストのよう。改めて思うエロの奥深さ。

The Case of the Acting Actress
清楚が売りの人気女優、所が実際は痛めつけられ激しいSEXを望むSub。そんな欲求をノーラが叶えてあげます。初めてのセッションに緊張する彼女をリラックスさせるノーラの巧みな会話と振る舞い、まさしくプロ。

The Case of the Diffident Dom
元Dom男性、盲目の妻とはずっとバニラだった。自分の夫が元Domと知った妻は、BDSMを体験してみたいと言い出した。しかし夫は盲目の彼女の障害を心配し、とても冷血なDomになれきれない。そんな夫婦をノーラはプレイのサポート役に回り、腫れ物に触るように妻を扱う夫に妻の女性の強さは障害とは無関係とアドバイスする、かっこいい。

The Case of the Reluctant Rock Star
WetRush、この短編集でこれが一番好き。超人気ロックバンドのギタリスト兼ボーカルの男性。世間の彼のイメージは、ワイルドなセレブ。彼に支配されたいと願う女性は後を絶たないが、本当の彼は、音楽を愛する大人しい性格の静かな青年。セックスでは自分の快楽は2の次でも女性に満足してもらう事が彼の願い。女性の快楽のためなら何でも奉仕したいと願うSub。ただ世間のイメージに背く事が出来ず、自分を偽り続けていた。そんな彼の本心を見抜いたノーラはプレイ中少しづつ彼の心の壁を崩していく。まさにこれぞ「女王様と奴隷」な2人の関係がなんともエグくて、エロくて、イイです。

The Case of the Secret Switch
BDSMでスイッチは嫌われる(ノーラに言わせると、バイの彼氏と付き合う感覚と一緒だそう)。そんなノーラはスイッチ。そしてこのシリーズに登場するもう一人のスイッチ。そうです!! キングスレーです。ノーラがDomme、キングスレーはSubのプレイをは他と違う。本番セックスありのインテンスなエロいプレイを楽しみます。こんな風にハードなプレイが出来るのも2人には歴史があって、お互い信頼しているからなんだろうね。

The Case of the Brokenhearted Bartender
レズの女性、男性との性行為にいたる事は生理的に受け付けず、22歳になる今も処女だった。最近、挿入行為を拒否った事が原因で彼女と別れたばかり。なんとか処女を捨てたくて自分で試みてみたがあまりの痛さに断念。仕方なく病院に行ったが普通にセックスをして下さいと、処女膜を破る事を拒否られ、最後の望みをかけてノーラの元を訪れた。ノーラがバイブを使って彼女の処女を奪う間、少しでも痛みを和らげるために、緊張する彼女をリラックスさせる巧みな会話、おもちゃといえど、男性の性器の形をした物を自分の中に入れる抵抗を取り払うアドバイス。なんともユニーク。処女喪失後、きちんと彼女をイカせるノーラ技術もお墨付き。

それぞれの変わった5つのプレイを紹介するというコンセプトは面白し、相変わらずTiffany Reiszの作り上げるキャラがなんとも魅力満載なのだが、全体的にケーススタディー的で物語の要素は少ないかな。そこがWet Rush的には少し残念。とはいえ、胸熱、インテンス、エロ満載のこの長いシリーズ、骨休め的にこういうカラっとした本もあってもいいのかなとも思えます。

あ、後、ストーリーとは関係ないけど、Tiffany Reiszのこだわりが垣間見れるのが、The Mistressという単語、本文中でも必ずどんな場合でもTheが頭に付く大文字で綴られている。そもそも、BDSMもD/sと表記してDomが大文字でSubが小文字。すべての本で表記が統一されているわけではないが、一部でDomやDommeが行頭でない文中でもDが大文字表記されているものがある。シリーズのヒーローソルン(Søren)に関して、彼の事を示すHeやHimまでもHは文中大文字にしてあるほど。このシリーズは文法までもBDSMです(笑)。

 


日本語版The Original Sinners / 訳 清水 由貴子、藤峰 みちか (Amazon Japan)

    
胸熱度
濡れ度
泣き度
総合評価

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください