総合評価4: 波間の白昼夢

2014年10月19日

総合評価4: 波間の白昼夢失恋を痛手を癒すために訪れた、海辺のコテージ。ビーチで出会った魅力的な男性と、情熱的に体を重ねる男女。

著:Eden Bradley (訳 紫堂あき)

楽天ブックス | Amazon Japan

こういう本、好きだなぁ~。短編小説にあるべき姿といった感じ。

短編小説って、読み終わった後の「余韻」が大切でその後の展開を読者が勝手に思いをめぐらせ、「余韻」を楽しむのが短編小説の醍醐味だと思う。必ずしもその余韻は、ハッピーエンドである必要もなく、ハッピーエンドを匂わせれば、その後は読者の想像に任せればいいわけで、この本は、「余韻」をたっぷり残した本と言う感じ。

ロマ本おきまりの、出会いのプロセスなど潔くカットで、男女の目が合った瞬間にお互い燃え上がり、ビーチの夏の暑さがムンムン漂う、夕日の差し込むコテージで体を重ね、2人は名前を告げる事なく別れる。夏の日の一日を切り取った、大人の味わいあるストーリー。

ちなみに、Wet Rushは、その後2人は町で再会し、あのビーチの思いでがよみがえり、2人の関係が始まる~~なんて、展開を1人モンモンと想像しました(爆)。

胸熱度
濡れ度
泣き度
総合評価

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください