総合評価4: Little Red Riding Crop: The Original Sinners #0.4

2015年11月24日

Little Red Riding Crop: The Original Sinners #0.6
Dommeのノーラ(Nora Sutherlin)は連日ボスのキングスレー(Kingsley)の指示のもとプレイに明け暮れていた。そんなある日かれこれ2ヶ月もセックスしていない事実に気づく。疲れとイライラを感じたノーラはキングスレーに休暇を申し出た所ある事を条件に1ヶ月のヨーロッパ旅行を提案された。その条件とは最近キングスレーの部下のDommeやSubをヘットハンティングしているとあるBDSMクラブに潜入して、そのBDSMクラブの情報を入手する事だった。

著:Tiffany Reisz

無料ダウンロード | Amazon Japan

The Original SinnersシリーズのノーラがSubからDommeに転身した後のエピソードを綴った短編本。無料です。

いやぁせつないなぁ…。
って、このストーリー自体はせつない話じゃないのよ、ただ、過去Domのソルン(Søren)と深く愛しあいながらも、別れたノーラの気持ちを読者が知ってるが故に彼女が前向きに頑張っていながらも心の奥底でソルンを恋しがってるのが分かるから、せつない。

ノーラはソルンと別れ、SubからDommeになったものの、プレイだけで本番のセックスはしていなかった。連日プレイだけに明け暮れて、気持ちがササクレだって来る。疲れた、休みが欲しいと主張していながらも、本当は寂しと自分を理解しているノーラ。

キングスレーは、プレイ専門ビジネスで、最近DommeやSubを取られたとあるBDSMクラブへの潜入をノーラに指示し、そこで、ブラット(Brad Wolfe)に再会したノーラは、ソルン以来自分がSubになり彼とプレイをする。相手はブラットだと分かっていながらも、過去のソルンとの記憶が頭をよぎるノーラ。このシーン、なんとも胸熱で、せすなさマックス。

読者の記憶を巧み使って、せつなさを最大限に表現したTiffany Reisz、やっぱり脱帽。

あ、ちなみに、ブラッド、2部の「天使のはつ恋」でノーラ、グリフィン(Griffin)、マイケル(Michael)の3人が訪れたBDSMクラブの門番役でチラっと登場してます。


日本語版The Original Sinners / 訳 清水 由貴子、藤峰 みちか (Amazon Japan)

    
胸熱度
濡れ度
泣き度
総合評価

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください