総合評価3星:Fifty Shades Freed #3

2013年3月6日

Fifty Shades Freed1部のFifty Shades of Grey、2部のFifty Shades Darkerの最終部。クリスチャン(Christian Grey)と結婚して、Mrs. Anastasia  Greyとなったアナ。ストーリーは、結婚式と新婚旅行の回想シーンから始まる。新婚旅行から戻り、Mrs. Anastasia  Greyとして職場復帰したアナ、2部のFifty Shades Darkerでは職場のセクハラだった事件が、クリスチャンの過去も巻き込む刑事事件へと発展していく。また、クリスチャンの辛い過去と決別すべく、アナが若い女性から大人の強さを身に着けた女性へと成長していくストーリー。

著:E. L. James

楽天ブックス | Amazon Japan | Amazon U.S.

新婚旅行中、クリスチャンの所有する会社のサーバルームが火事に見舞われ、苛立ちを募らせるクリスチャン。ささいな事で2人は口論となります。その後仲直りのセックスの後、結婚式での2人の結婚の宣誓文を口にするのですが、非常に美しく、2人の特徴をとてもよく表現しています。宣誓文が2つあるというのも非常に彼ららしいのですが。

Anastasia
“I give you my solemn vow to be your faithful partner in sickness and in health, to stand by your side in good times and in bad, to share your joy as well as your sorrow. I promise to love you unconditionally, to support you in your goals and dreams, to honor and respect you, to laugh with you and cry with you, to share my hopes and dreams with you, and bring you solace in times of need. And to cherish as long as we both shall live.”

Christian
“I solemnly vow that I will safeguard and hold dear and deep in my hart out union and you. I promise to love you faithfully, forsaking all others, thought the good times and the bad, in sickness and in health, regardless of where life takes us. I will share your joys and sorrows and comfort you in times of need. I promise to cherish you and uphold your hopes and dreams and keep you safe at my side, All that is main is yours. I give you my hand, my heart, and my love from this moment on for as long as we both shall live.”

また、3部のFifty Shades Freedでは、アナはぐっと精神的に成長します。クリスチャンの過去のSubmissive、2部では嫉妬で感情をむき出しにしていたアナですが、3部では、クリスチャンの妻として、冷静に対応します。そして、アナへのセクハラ事件が、クリスチャンも巻き込む刑事事件へと発展してしまい、アナは家族を守るべく奮闘するのですが、この時、アナは仕方なくクリスチャンに別れを切り出します。しかし、今までの2人の絆を信じ、それが嘘だと理解するクリスチャン。夫婦としてお互いを信じられる存在になっていきました。

ストーリーの終盤、クリスチャンが過去から解放されるシーンでアナに…

“God, you’re strong, Mes.Grey. I love you so much”

アナの女性としての強さを認めています。

なんだが、ダラダラレビュー書いてますが、ようは、「そして2人は幸せになりました。おしまい。」という本で、正直あまり感想が出てこない・・・。相変わらず、2人はやりまくりなのですが、1部、2部と続くと、エロなれしてきてる自分もいたり。それでも、3部も十分楽しめる内容です。

 


日本語版Fifty Shadesシリーズ / 訳:池田 真紀子 (Amazon Japan)




胸熱度
濡れ度
泣き度
総合評価

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください