総合評価2星:Until Fountain Bridge: On Dublin Street #1.5

2014年2月11日

Until Fountain Bridge: On Dublin Street #1.5脳に腫瘍が見つかり、大手術を経験したエリー(Eille Carmchael)。病が発覚したことで、長い間、片思いだった兄の友人のアダム(Adam Sutherland)への思いがやっと実り、2人は幸せだった。アダムの家で同棲を始めた2人、過去に日記に目を通すエリー、2人の長い長い歴史に思いを巡らせていく。

著:Samantha Young

楽天ブックス | Amazon Japan | Amazon U.S.

On Dublin Streetシリーズの1.5部。ブレイデン(Braden )の妹エリーと、ブレイデンの子供の頃からの親友アダムのストーリー。中編小説ですので、サラっと読めます、

そして、なんともエリーが可愛い。1部を呼んだ人なら、エリーがどんなキャラか知ってると思いますが、色で表すなら、オフホワイトとベイビーピンクのストーリーです。彼女のふわふわしたイメージが本から伝わって来て、思わず笑顔になります。脳の手術で、髪を無くしたエリー、本の中でベリーショートの彼女を、アダムは可愛いと言うように、本当に可愛いんだろうな、と想像してみたり、それにしては、本のカバーの写真、全然イメージ違うけど・・・(汗)。

元ルームメイトで、兄の彼女のジョスリン(Jocelyn )は、小説家の卵(ほぼ目が出つつある)。「恋愛小説なんて、絶対書かない!」と彼女は言うけれど、ロマンス大好きなエリーは、ジョスリンに恋愛小説を書いてもらいたい、そこで、ストーリーの参考してもらおうと、彼女の過去の日記を渡そうと考えます。アダムと一緒に日記に目を通すエリー、そこには、長い長い月日におよぶエリーのなんとも切ない思いが綴られいました。

改めて、エリーの思いを知ったアダムは、

”He clamped a large hand down on mine as I moved to lift the diaries. I glanced up at him and he shook his head with a small smile. “It’s painful to read how my stupidity hurt you at the time, but I like being inside your head. I like knowing that while I was struggling with the fact that I had fallen in love with my best friend’s little sister, she loved me back more than I could ever hope to deserve.”

“Smart, funny, beautiful, passionate and she tells me I can do anything I want to her.”

“Ellie, I want everything with you.”

 


日本語版On Dublin Street / 訳:金井 真弓 (楽天ブックス)

  
胸熱度
濡れ度
泣き度
総合評価

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。