総合評価3星:7日間のご主人様: 12 シェイズ・オブ・ナイト

2014年2月22日

7日間のご主人様: 12 シェイズ・オブ・ナイトエレノアのMasterがしばらく留守にする間、彼女は彼の友人で同じくDomのダニエルに貸し出されることになった。エレノアはMasterの所有物であるため、Masterは彼女を誰かに貸し出すことも可能だ。ダニエルは、妻を3年前に亡くして以来、家に引きこもっており、そんなダニエルを救いたいと願うエレノアのMasterは、エレノアと関係をもつことで、ダニエルを変えるきっかけになってくれればと願っていた。

著:Tiffany Reisz (訳 清水 由貴子)

楽天ブックス | Amazon Japan | Amazon U.S.

英文を美しく表現する、Tiffany Reiszの本、日本語に訳されるとどうなるのだろう・・・と、素朴な疑問が湧いて、探してみたら、すぐに見つかった彼女の日本語訳本。読み進めていくうちに「あれ?」と思い調べてみた所、なんとこの「7日間のご主人様」、現在の英語のタイトルは、The Gift:The Original Sinners #0.5。そうなんです! The Original Sinnersシリーズ1部の前を描いた、短編小説でした。

The Original Sinnersシリーズで説明していませんでしたが、ノーラは彼女のペンネームで、本名は、エレノアです。しかし、彼女自身は、エレノアという名前があまり好きではなく、普段も自分をノーラと名乗っており、1部に入ってからは、彼女のことを エレノアと呼ぶのは、Masterのソルンくらい。

ストーリー自体は、その後の1部~4部に繋がる短編小説ということもあり、ササと読めて、Tiffany Reiszのエロの世界と、せつなさも、楽しめました。この頃からShare Loveは、根付いていたんですね。

しかし、1部~4部のノーラのイメージと、この本のエレノアのイメージが随分違います。1部~4部でのノーラはもっと明るく、ユーモアがあって、カスワードもバンバン使う大胆で’ポジティブな女性です。1部~4部で、ノーラが過去を振り返るシーンでも、彼女の破天荒ぶりは、その当時から顕在でしたし、この本では、翻訳者によって上品なエレノアに作り替えられてしまったよう・・・。ダニエルも周りから笑いをとったりする、もっとカジュアルな雰囲気の男性です。

あと、やっぱり、英語での世界観を保ったまま、訳すのって難しいんでしょうね・・・どうも、1つの会話や文に言葉が多すぎる。おそらく翻訳された方は、随分削って訳していると思うのですが、まだ通常の日本語に比べたら、言葉が多い。そのおかげて、会話が、とてもクドク感じてしまいます。そもそも、日本語は、1つの言葉に多くの意味を含み、短い文章に奥行を持たせて美しさが生まれるのに対し、英語は、同じ意味でも状況に応じて微妙に意味合いが変わる単語同士を組み合わせた、音や韻に美しさが生まれるもの。ある意味真逆といってもいいほど。作者が英語で描いた世界観を限りなく残しつつ、日本人が読んで理解できる訳にすると、こんな感じに仕上がるという所でしょうか。本以外にも、日本語吹き替えの映画などもそうですが、やぼったく感じるのはそのせいですよね。

しかし、それが影響してか、Tiffany Reiszが書いた1部~4部のThe Original Sinners感が、この本で薄まってます。そこが残念。

最初は、TThe Original Sinners感が感じられない、この本にがっかりしましたが、翻訳された清水 由貴子さん、どんな方か調べてみた所、ハーレークイーンものなどを数多く訳されてる、実績ある翻訳者であることがわかり、プロでもこれが限界なのかなと、今は納得しています(自分は、翻訳家でもなんでもないくせに、果てしなく上から目線ですが)。

いつか英語版も読んでみたいですね。そして、他の12 シェイズ・オブ・ナイトシリーズも読みたくなりました。


The Gift:The Original Sinners #0.5 (楽天ブックス)

胸熱度
濡れ度
泣き度
総合評価

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。