ついにここまできたぞ!! ブラック・ダガー・ブラザーフッド

2015年5月1日

ついに、13部+スピン1冊、全部読んだぞ、ブラック・ダガー・ブラザーフッド!!! (全シリーズレビューはこちら

いやぁ~長った。去年の暮12月に1部を読み始め、4か月近くかかってしまった。もちろん途中、骨休めの気晴らし本も読んではいたが、メインはやっぱりこのシリーズ。

しかも、一冊が異様に長いので、実質、1冊が普段長編と言われている本の2冊分、25~27冊くらいのページ数に匹敵するのでは。

先日最新版を読み終わったばかりだが、ストーリー自体は、まだまだ続いてます(笑)。新キャラもジャンジャン増えてるし、未解決のロマンスも事件も盛り沢山だし、当分終わりそうな気配はまったくない。

新キャラ、ジャンジャンの流れで言うと、ブラザーズのお住まい。始めは7人が一緒に生活を始めた所から話が始まって、現在は村or コミュニティー並みの大所帯。

現在のブラザーズ施設住人以下にご紹介(その後続編が出版されるたびに、更新し続けて現在15部目: 2017年4月現在)。

  • ラスとベス
    • 息子LW (Little Wrath)
    • 黒猫 (ブー)
    • ラスの盲導犬 (ジョージ:ゴールデンレトリバー)
  • レイジとメアリー
    • ビッティ(養女)
    • ラン (ビッティの叔父)
  • ザディストとベラ
    • 娘ナリア
  • ブッチとマリッサ
  • ヴィシャスとジェイン
  • リヴェンジとエレーナ
  • ジョンとヘックス
  • マニーとペイン
  • トールメントとオータム
  • ラシータ
  • クインとブレイロック
  • サックストン
  • レイラとコー
    • クインの間に出来た双子ランペイジ(息子)とリリック(娘)
  • トレッズ
  • アイアムとシビーのプリンセス
  • ゼファー(コーをリーダーとするバンド・オブ・バスターズのメンバー)
  • バルターザー(コーをリーダーとするバンド・オブ・バスターズのメンバー)
  • サイフォン(コーをリーダーとするバンド・オブ・バスターズのメンバー)
  • シン(コーをリーダーとするバンド・オブ・バスターズのメンバー)

はぁ、執事のフリッツ大変だぁと思ってみたり。

リヴェンジとエレーナなぜか(笑)、ブラザーズ施設にお住まいです。夜の世界から足を洗ったリヴェンジは、貴族議長&シンパス王をつとめ、言わばラスの右腕的存在。エレーナは、ナースなので、ジェインとマニー、エレーナの3人が、ブラザーズの専門医療チームのメンバー。

トーメントの守護天使ラシータ、なぜかまだ、ブラザーズ施設にいます。ブラザーズ達にも、「なんでここに居るの?」 とからかわれてる(汗)

サックストンは、ブレイロックの元カレですが、現在、ヴァンパイアの法務官を務めている関係で、ラスと一緒に働いてます。

フュアリーはブラザーズ施設に住んでません。プライメイルとなり、巫女達の面倒をみている彼は、リヴェンジの所有する家にツレのコーミアと、天界から地上に遊びに来る巫女と一緒に住んでます。

13部でアイアムにツレが出来ましたが、今後ツレも一緒にブラザーズ施設住むのかはまだ未定。

ブラザーズ施設住人以外にも、登場人物は沢山いるし、またブラザーズ候補生を育てるトレーニングクラスを再開させる動きがあり、若い新キャラ、ヴァンパイアもちょろっと登場し始め。永遠に終わりそうのないこのシリーズを、どんな風に終わらせるのか、そこも気になりだした。

J.R. Ward、どこに落とし所を見つけるのだろうかね。


その後、J.R. Wardは、ブラックダガーのスピンオフを別シリーズで立ち上げた(レビューはこちら)。でさらに2人ブラザーズ施設の住人が増えることに。

  • クレッジ

One Comment

  • Wet Rush 2015年7月3日 at 9:02 PM

    Someone posted comment on this page by English. But the comment went to the spam account and I deleted accidentally. I don’t know who it is but whoever it is I apologize.

    If your message is not showing here, please re-post your comment. Thank you.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください