総合評価4星:若妻と誘拐犯 密室の43日間

2014年2月3日

若妻と誘拐犯 密室の43日間日本人離れしたボディーと清楚な顔立ちの真山 志穂は夫のシンガポール赴任がまじかに迫っていた。準備の為に先にシンガポールに旅立った主人を送り出し日、志穂は、以前から彼女に付きまといスーキングしていた男、長谷部 俊に誘拐される。志穂の夫が一時的にシンガポールから戻り、志穂を迎えに来るまでの43日間、志穂は俊から凌辱を受け続けるのだが・・・。

著:夏月 燐

Amazon Japan

いや~エロかった。てっとり早くエロを追及するには、この手が本が一番と分かっていても、長編エロティックロマンス好きのWet Rushからしたら、43日間も一緒にいるんだから、エロ以外にも、いろいろなストーリーの奥行も欲しいと思う所、物語の90%がエロだけで、その他の部分はすべてカットのこの本、志穂の心の変化とか、俊の決意とか、エロ以外の何気ない会話なども読みたかったです。が、この本がそもそもエロを追及ための本だと思うので、多くは求めるのは間違ってますよね。

でも、1組の男女の恋愛ストーリー。エロチカロマンス好きな自分は、そこは評価します。

所で、作者の夏月 燐さんて男性ですか?
志穂がイキまくるのですが、イキ方がかなりの男性目線だなと。催淫剤や弛緩剤等なんかも使うので、普通と違う状態だということや、エロ小説の流れ的に、志穂がこんなイキ方をした方盛り上がるよな、とは理解ですますが、実際に女はこんなイキ方しないよ~~と、少し冷めた所もあったり。いつも思うんですが、AVや漫画、エロ小説にありがちな、実際の女性のイキと男性の思う(理想とする)女性のイキのギャップがあるな・・・と。

女のイキの話はこの本のレビューからそれるので、また今度。

あと、志穂のPOVと俊のPOVが、ごじゃませのこの小説、意味は理解できますが、読みづらい。パラグラフを加えるとか、誰のPOVか分かるように冒頭に枕詞を入れるとか、読者を混乱させないように工夫して欲しい。

とは言え、サクッとエロが欲しかったので、十分楽しめた本でした!

胸熱度
濡れ度
泣き度
総合評価

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。