Wet Rushについて

2014年1月22日

エロティック ロマンス(Erotic Romance)とよばれる官能小説は、米国や英国など英語圏を中心に、驚くほど充実した内容の本が日本のそれと比べ物にならないほど数多く出版されています。ずっとAmazonやGoodreadにレビューを投稿していましたが、エロティック ロマンスに関する日本語のレビューサイトは少なく、こんなに面白いなら皆さんに紹介したい、貯まっていく本の整理にも役立てたいという思いから今回このサイトを立ち上げました。

英語の本は一見敷居が高いと思われる方もいると思いますが、エロティック ロマンスは歴史書や参考書と違い恋愛をテーマにした内容ですので、日常会話レベル程度で非常に分かりやすいです。また、最近はKindleなど英→日の辞書で単語の意味を確認しながら読めたり、GoogleやWikiへの直リンクも付いていたりと、驚くほど読みやすと思います。それに加え、ベストセラー本は日本語に訳され日本でも出版されますが、英語ならではの言い回しやニュアンスがどうも日本語からして不自然に感じる時があります。言葉はオリジナルのまま読むのがいいのかもしれません。

ネタバレについて
エロティック ロマンスは主人公の男女がハッピーエンドで終わるのが基本です(笑)。推理小説のように本を読みなら謎を説き、犯人を推理するのではなく、結末は分かっているがその結末までの間にある人間模様やドラマを楽しむのが、エロティック ロマンです。私なりの濡れポイントや、涙腺・胸キュンポイントなど、皆さんが読んでみたいと思えるように紹介出来たらと考えています。

No Comments