Wet Rushについて

2014年1月22日

初めましても方も、そうでない方も、こんにちは。こんばんは。

Wet Rushでございます。

Wet Rushは日本で生まれ育ち、運命とは面白いもので、アメリカの東海岸に移住し、月日は流れ、こっちでの生活が日本で生まれ育った歳月をもうすぐ追い越しそうなこの頃。

元々子供の頃から本を読むのは好きだったのも影響して、色々な本を読み漁っていたのですが、大人になるにつれ自分の好みがはっきりしてくるともうそれ一筋。はい。Wet Rush、無類の官能小説好きです(笑)。

でも取って付けたようなエロだけでは物足りない。そこに行き着くまでも過程や背景、ストーリーを盛り上げる様々な要素で構成された小説が好き。そしてそんな官能小説には恋愛が不可欠。だからエロチカロマンスと呼ばれる本を読み漁っているんです。特に、英語圏では、驚くほど充実した内容の本が日本のそれと比べ物にならないほど数多く出版されていて、ずっとAmazonやGoodreadにレビューを投稿していましたが、エロチカロマンスに関する日本語のレビューサイトは少なく、こんなに面白いなら皆さんに紹介したい、貯まっていく本の整理にも役立てたいという思いから今回このサイトを立ち上げました。

そして、何百冊ものレビューを書いていくうちに、こんな内容の本を読みたい。そんな欲にも目覚めてしまい、自分好みの小説を求めて、ついには本と書き出してしまった。まぁ、この執筆活動は、あくまでも自己満足でもあるのですが、心打たれる本や作家に出会うたびに、Wet Rushの中に新たな妄想も膨らんでいく。

今は、本を読んでレビューをこのサイトに掲載し、そこから得たひらめきと、ウェット・ラッシュするエロを形にすべく執筆する。そんな日々を送っています。

Wet Rush ノベル

WetRush長編処女作ついに完成 ‼︎

紹介ページへ
今ならKindle Unlimited

レコメン

人気のページ

悲しみの夜の向こう: Rosemary Beach (1)
眠り姫、官能の旅立ち (1)
Defiant Queen: Mount Trilogy (2)
Wet Rush レコメン2014
Beneath This Man: This Man (2)
Darker: Fifty Shades of Grey #5
The Red  - An erotic fantasy -
レコメン2016
背徳のレッスン: House Of Pleasure (1)
Sinful Empire: Mount Trilogy (3)

過去記事アーカイブ

ブラックダガー ブラザー・フット特集

ブラックダガー

セイレーンの涙、天使のはつ恋 全シリーズ特集

オリジナル・シナーズ

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

おすすめ作家一覧

CD ライス CJ ロバーツ EL ジェイムス JA フス JD ロブ JM ドロワー J・R ウォード K ブロンバーグ LJ ディー M レイトン RK リリー SC スティーブンス SL ジェニングス TM フレイザー アナ・キャンベル アビー・グラインズ アリアンヌ・リッチモンド アリス・クレイトン アリーシャ・ローミング アン・ライス エデン・ブラッドレイ エマ・ジェイ エマ・チェイス エヴァ・クランシー オリビア・カニング キャリー・ハート クリスティン・アシュリー クリスティーナ・ローレン ケイト・ピアース ゲイル・マクヒュー コリーン・フーヴァー サマンサ・ヤング シェィ・サベージ シャロン・ケンドリック シャロン・ページ シルヴィア・デイ ジェイミー・マクガイア ジェス・マイケルズ ジャシンダ・ワイルダー ジュリー・ケナー ジョディー・エレン・マルパス ジョージア・ケイツ タリン・フィッシャー チェリス・シンクレア ティファニー・ライス デルフィーヌ・ドライデン ノーラ・ロバーツ ビー・キーランド フェリシティー・ブランドン ペッパー・ウィンターズ マヤ・バンクス マリー・フォース ミア・シェリダン メガン・マーチ リサ・マリー・ライス リサ・レネー・ジョーンズ リサ・ヴァルデス ルシアン・バネ ローラ・リー ローレリン・ペイジ ローレン・デイン

Twitter でフォロー