総合評価4星:Beautiful Bastard: Beautiful Bastard #1

2014年2月5日

Beautiful Bastard: Beautiful Bastard #1シカゴにある広告代理店でインターンをしているクロエ(Chloe Mills)はフランス帰りの新しいボス、 ベネット(Bennett Ryan)の傲慢な態度に我慢がならない。いくら上司と言えども我慢の限界がある。それに加えベネットは、イケメンでセクシーなアルファ男。それも輪をかけて頭にくる、気になる存在だった。

著:Christina Lauren

楽天ブックス | Amazon Japan | Amazon U.S.

この前の本が、あまりにも激しくダークなBDSMストーリーで、もうBDSMにお腹一杯で、軽めのエロティックロマンスを読もうと思い選んだのがこの本。予想通り、現代のスタイリッシュな若者のストーリー。The Dark Duetシリーズのように号泣&頭痛に見舞われる事もなく、でもエロく、サラっと読める本です。

読み終わった感想は、Crossfireシリーズの明快バージョンという所でしょうか。エロさは、この本もCrossfireに引けをとりません。とにかくエロいです。

仕事中だというのに、クロエへ対しての欲望を強く感じるベネットは、平然を装うのに、クロエに傲慢な態度をとっていました。また、クロエもイケメンでセクシーなベネットを見るだけでも、何故かイライラする。そんなある日、会議の準備に追われ残業していたクロエ、ベネットと2人きりの会議室で、彼女のお尻が、ベネットの目の前に・・・ベネットの自制心もついに限界を超えて、そのままセックスに流れ込んでしまいます。

それからというのも、彼のオフィス、非常階段、エレベーター、車の中、ベネットの実家のトイレと、ありとあらゆる所でヤリまくります。

“He looked so different – still my asshole boss, but also someone else now: a man, in my bed, looking like he was ready for round… Four? Five? I couldn’t keep track.”

beautiful_bastard_image
クロエのセクシーなランジェリーを次々を破り、それをコレクションして、ひそかに楽しむベネット。

そんなヤリまくりの2人ですが、お互いの気持ちが明確化しないうちから、欲望が先に走りすぎ、後から気持ちを確かめあう、その過程で傷ついたり、喧嘩もしたり。エロいのに、なぜかカラっとした気持ちになる本でした。

胸熱度
濡れ度
泣き度
総合評価

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください