総合評価4星:Crashed: Driven #3

2014年4月1日

Crashed: The Driven Trilogy #3Indyレーサーのコルトン(Colton Donaban)、シーズン初戦で新人ドライバーの事故に巻き込まれ、意識不明の重体になってしまった。元婚約者を交通事故で亡くしたレイニー(Rylee Thomas)は、過去の辛い思いでがオーバーラップする。奇跡的に一命を取り留め、復活を果たすまで2人は、お互いを見つめ直し、受け入れ、一緒に事故の恐怖から克服していく。

著:K. Bromberg

楽天ブックス | Amazon Japan | Amazon U.S.

首を長~~~くして待っていました!  Drivenシリーズの最終部。Amazonのロマンス部門ベストセラーになったこのシリーズ。くどいほど、Wet Rushはコルトンがかっこよすぎると言ってますが、やっぱり、この本でも果てしなくカッコイイ。と・に・か・く、作者K. Brombergの作り上げた、主人公像は文句なしです。このサイトで紹介しているエロティカロマンスの中でも、主人公のキャラは、コルトンがダントツのNo.1。

過去の痛烈なトラウマから、人にまったく心を開こうとしなかったコルトン。1部と2部では、レイニーに対して強い欲望を抱き、彼女から離れるなんて不可能と思いながらも、自分は彼女にふさわしくないと勝手に決めつけ、心閉ざし、時にあえて嫌われるような態度や発言をするコルトン。雪溶けのように本当に少しずつ、レイニーを受け入れていきます。そしてこの3部でついに心の扉を開き、彼女にすべてを告白するコルトン。やっと2人の間に壁はなくなりました。

“Nothing between us but sheets”

そして、2人の間に壁がなくなり、一つになったら、次は何をすべきなのか・・・・それはアレですよ。あれ。もうアレしかないっすね。

もしも、エロチカロマンスが好きなら、絶対にこのシリーズは読むべき!!

“I want to be your motherfucking checkered flag, Rylee. Your pace car to lead you through tough times, your pit stop when you need a break, your start line, your finish line, your goddam victory lane.”

“You were the one thing I never wanted—never, ever expected in my life—an fuck if I can live without you now. You test me and tempt me and make me look at the truth I don’t want to face and are stubborn as hell, but God, baby, I wouldn’t want you any other way. Wouldn’t want us any other way.”

“I want to be your first, your last, and every fucking thing in between.”

胸熱度
濡れ度
泣き度
総合評価

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください