総合評価5星:Down London Road: On Dublin Street #2

2014年2月12日

Down London Road: On Dublin Street #2今までずっと金で男を選んでいたジョアンナ(Johanna Walke)通称ジョー、周りはそんな彼女を”Gold Digger”(注1)というけれど、ジョアンナは気にしない。この世でただ1人、彼女が心から愛する弟、コール(Cole)を幸せにするためなら、何でもする。私の恋愛なんてどうでもいい。そう思っていたジョアンナは、金持ちの彼氏と一緒に訪れた彼の女友達の個展で、女友達の彼氏キャメロン(Cameron MacCabe)に出会う。そして、キャメロンの存在がジョアンナのすべてを変えていった。

著:Samantha Young

楽天ブックス

まず、最初に言わせてください!! On Dublin Streetシリーズの中で、この本が一番好きだ!!!

私もねぇ、最初は思いましたよ、「えぇ~ジョーのストーリー・・・彼女Gold Diggerじゃん」と。で、期待ゼロで読み始めたら、止まらない、止まらない。そして終盤は、涙・涙の号泣です。こんなにエロティカロマンスで号泣したのは、The Dark Duetシリーズ以来。1部のジョスリンとブレイデンのストーリーより好きかも。

ジョーは、確かに男を選ぶ基準は金でした。でもそれにはそれなりの訳がありまして、ジョーとショーの母、弟は父親の虐待から逃げだし、身を隠して3人で生活していました。しかし母はアル中になってしまい、依頼、母と弟の面倒をずっと見てきたジョー。母が働けなくなってからは、高校を中退し働きに出るが、彼女の稼げるお金は微々たるもの。仕事をいくつかけもちしても、生活は貧しい。そんな生活を支えるのに金持ちの男が必要でした。すべては弟コールのために。弟には大学を出て普通に育って欲しい、辛すぎる彼女の人生のよりどころが弟に対する思いだったのかもしれません。そして、そんな姉を心配し、自分のことではなく、姉には幸せになって欲しいと思う弟。コールの健気さにも心打たれます。

しかし、ジョーはキャメロンに出会ってしまいます。

キャメロンは、金持ちじゃないです。リストラされたグラフィックデザイナー。またグラフィックデザイナーの仕事に戻るまで当面の生活費が必要なキャメロンは、ジョーとジェスリンの働くバーで仕事を始めます。そして家賃の安いアパートをジェスリンに紹介してもらい、引っ越したのは、ジョーのアパートの下の階。

最初は、コールをジョーの別の彼氏と勘違いし、「二股もかけるGold Digger」と思ったキャメロン、しかし近くに住み始めて本当のジョーを知って、彼の心が変わっていきます。そしてジョーも女友達以外に初めて本当の自分を知られ、戸惑いに反して安らぎも心に生まれてきます。

お互いの彼氏・彼女との関係を清算して、付き合いだした2人。キャメロンは、ジョーだけでなく、コールや彼女の母までも受け入れます。そんな矢先、ある事がきっかけで、ジョーが襲われてしまいます。しかしその時キャメロンは・・・いや~~~~~切ない。私は、ここから最後まで泣きっぱなしでした(これ以上ベラベラ喋るはやめておきます)。
Down London Road

“It’s all-consuming,” he breathed, leaning his forehead against mine again. “It’s almost debilitating. It’s too much. It’s . . . I can’t even describe it, but being with you is . . . There’s this intensity inside me all the time, this . . . constant pull, desperation . . . it’s like you’re branded on me or something. And it bloody well burns.”

“I love to fuck you,” he whispered in my ear, his voice gravelly with emotion. “But I love to love you, too.”

 

注1: Gold Diggerとは、もとの意味は、金鉱探し,砂金掘りなどだが、今では、「金で目当てで男を選ぶ女、貢がせる女」の意味としても使われる。


日本語版On Dublin Street / 訳:金井 真弓 (楽天ブックス)

  
胸熱度
濡れ度
泣き度
総合評価

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください