総合評価0星:Fifty Shades of Black and Blue #2

2013年6月5日

Fifty Shades of Black and Blue #2Fifty Shades of Greyのパロディ。ヴィニー(Vinnie Griso)のプライベートアシスタントとしてBDSMの相手をするアナベル(Annabelle Stilletto)、アシスタント以上の感情がお互いに芽生えていった。

著:I.B. Naughtie

Fifty Shades of Black and Blue 1部が最低最悪と言っておきならが、2部までも読んでしまった。1部同様、とくにレビューする内容なし。Fifty Shades of Greyを読んだ事がある人なら、どんな結末になるかは、読む前から分かっていること。

AmazonやGoosreadsのレビューを読むと、「面白かった」という意見もあるが、はっきり言ってぜんぜん面白くない!!

Fifty Shades of Greyのパロディが出るということは、それだけFifty Shades of Greyがヒットしたという証くらいしか、この本の役目はなさそう。

胸熱度
濡れ度
泣き度
総合評価

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください