総合評価5星:Fueled: Driven #2

2013年10月5日

Fueled: The Driven Trilogy #2ただひたすらレイニー(Rylee Thomas)が欲しい、抱きたいと思うコルトン(Colton Donaban)、しかし、彼の幼年期の体験が、人と深く係る事を否定もし、そんな心の葛藤と底知れぬ恐怖心に彼は戸惑い、時にレイニーを困惑させる。2人が時間を共し、時に離れ、少しずつレイニーに対するコルトンの感情、欲望、願望が定着していった。

著:K. Bromberg

Amazon Japan | Amazon U.S.

ついに、Driven シリーズはAmazon 2013 best romantic bookのトップ10にランクイン。年間出版されるあらゆるジャンルのロマンスブックの中に、エロティックロマンスが入るのは、凄い事。さらにK. Brombergは、新人作家。初出版でいきなりヒットを飛ばしています。

ベストセラーになるのは、とても納得。とにかく、胸が締め付けられ、涙が頬をつたい、読み終えた時には、しばらく頭がボーっとしていました。

この本は、主にコルトンの心の浮き沈みや迷いをへて、彼の決意が定着するストーリーですが、コルトンはちょっと悪でセクシーなハリウッドセレブ。彼なりの言葉と表現で、時に荒々しく、レイニーを思います。ストーリー前半、レイニーへの思いに戸惑う彼は、レイニーは、きっと、

“She must have a voodoo pussy or something. Reeling me up and snagging me in her hooks without realizing it.”

なんて、表現したり、後半、彼の決意が定着した時は、

“She’s my motherfucking checkered flag”

なんて、言ったりしています。

そして、コルトンの名台詞。

“I race you”

この意味は、ネタバレになるので、いいませんが、この言葉が出てくるまでの、2人ドラマ、読者はやきもきして、涙して、ため息ついて、そして濡らして、最後の最後に絶妙のタイミングでコルトンが伝える、とても意味のある言葉です。

一見、傲慢で自信家、無鉄砲でイケメンセクシーなコルトン、しかし繊細で温かい心を隠し持ってる、そんな主人公をK. Brombergはまったく嫌味なく、スタイリッシュに書き上げた事が、ベストセラーの一つの要因と私は思います。過去に読んだ、エロティックロマンスの中でも、コルトンのキャラクターは、とにかくピカイチ。

一日も早く日本語にも翻訳されて、より多くの人に読んで欲しいと思う本です。
(翻訳者さん、The Driven Trilogyシリーズの世界と主人公のイメージを壊す事なく、訳してくださいねぇ~。ハードル高いですよ!)

しかし!!!

このThe Driven Trilogyシリーズ、実は、3部作。まだ2部しか出版されていません。3部のCrashed:The Driven Trilogy#3の発売は、2014年3月3日。すでに仮注文済ですが、まちきれない。

胸熱度
濡れ度
泣き度
総合評価

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください