総合評価2星:Shadows of Pearl: Pearl #2

2013年8月25日

Shadows of Pearl: Pearl #2婚約したパール(Pearl Robinson)とアレキサンダー(Alexander Chevalier)は、結婚式を数か月に控え、幸せの真っただ中にいた。新しい2人での生活、パールとアレキサンダーで始める新ビジネス。しかし、アレキサンダーの姉であるソフィー(Sophie)との衝突や、アレキサンダーの元婚約者の出現などにより、婚約自体も不確かにものになっていった。

著:Arianne Richmonde

楽天ブックス | Amazon Japan | Amazon U.S.

1部のShadows of Pearl: Pearl #1が2人の出会いと恋愛・婚約に焦点を当てて、比較的リズムよく進んでいたストーリーが2部にきて、スローダウン。全部で3部作のこのPearlシリーズ、ページ数を稼ぐために、無駄なドラマを盛り込んでいる感じがどうも否定できない。ちょっと飽きてくるのが本音。とは言え、それぞれのドラマは、2人の関係に何らかの影響をもたらすので、根気よくつ気合うだけなのだが。

パールを誤解するソフィーの嫌がらせや、新ビジネスのために訪れたロサンゼルスでのレズ体験。アレキサンダーの元婚約者の出現。一向に話が進まない。

また、この部に入って、パールの弱さも露呈した。本当に40歳の女性なのかと、忘れてしまうほど。

パールの兄のアンソニー(Anthony)がなんとも良いキャラクターで、彼の発する言葉にユーモアとウィット、パールへの兄としての思いがこもられ、そんなキャラクターを作ったArianne Richmondeの才能は一定の評価ができる。

胸熱度
濡れ度
泣き度
総合評価

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください