ウォーキング・ディザスター: The Maddox Brothers Series (2)

2013年10月18日 | バニラ, 洋書, 総合評価 3 | コメント0件

アビー(Abby Abernathy)とトラヴィス(Travis Maddox)のラブストーリー。大学生の若い2人。若さゆへの無鉄砲さや、過ちをへて2人は成長していった。

  • 胸熱度 50% 50%
  • 濡れ度 15% 15%
  • 泣き度 55% 55%
  • 総合評価 55% 55%

この本は、1部のビューティフル・ディザスターとほぼ同じストーリーです。1部がアビーの視点で書かれた本なのに対し、2部はトラヴィスの視点で書かれた本。この本の物語を読者は1部で理解している事を前提に、トラヴィスのアビーを思う気持ちや彼の感情をせつなく表現した本です。

  • 幼い頃に母を亡くし、兄弟と父親、男だらけで育った彼の女性感
  • 初めて女性を愛し、彼自身も大人の男性へと成長する過程
  • 愛した女性との初めてのMake Love、嫉妬、せつなさ、葛藤

時に迷い悩むトラヴィス、彼の父の言葉が強く彼の心に響く。

“One of these days you’re going to fall in love, son. Don’t settle for just anyone. Choose the girl that doesn’t come easy; the one you have to fight for, and then never stop fighting. Never.”

ストーリーの背景を説明する必要がないこの本は、トラヴィスの感情を全面に押し出す形で、トラヴィスの魅力を表現しています。彼がアビーを思うせつなさに、多くの女性は胸をキュンとさせるのでは。また、後半、1部で語られていなかった、その後のトラヴィスとアビーが書かれて、トラヴィスが信じた思いに間違いはなかった事を証明している。

日本語版ビューティフル・ディザスター / 訳: 金井 真弓 (Amazon Japan)

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Wet Rush ノベル

WetRush長編処女作ついに完成 ‼︎

レコメン

過去記事アーカイブ

ブラックダガー ブラザー・フット特集

ブラックダガー

セイレーンの涙、天使のはつ恋 全シリーズ特集

オリジナル・シナーズ

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

おすすめ作家一覧

CD ライス CJ ロバーツ EL ジェイムス JA フス JD ロブ JM ドロワー J・R ウォード K ブロンバーグ LJ ディー M レイトン RK リリー SC スティーブンス SL ジェニングス TM フレイザー アナ・キャンベル アビー・グラインズ アリアンヌ・リッチモンド アリス・クレイトン アリーシャ・ローミング アン・ライス エデン・ブラッドレイ エマ・ジェイ エマ・チェイス エヴァ・クランシー オリビア・カニング キャリー・ハート クリスティン・アシュリー クリスティーナ・ローレン ケイト・ピアース ゲイル・マクヒュー コリーン・フーヴァー サマンサ・ヤング シェィ・サベージ シャロン・ケンドリック シャロン・ページ シルヴィア・デイ ジェイミー・マクガイア ジェス・マイケルズ ジャシンダ・ワイルダー ジュリー・ケナー ジョディー・エレン・マルパス ジョージア・ケイツ タリン・フィッシャー チェリス・シンクレア ティファニー・ライス デルフィーヌ・ドライデン ノーラ・ロバーツ ビー・キーランド フェリシティー・ブランドン ペッパー・ウィンターズ マヤ・バンクス マリー・フォース ミア・シェリダン メガン・マーチ リサ・マリー・ライス リサ・レネー・ジョーンズ リサ・ヴァルデス ルシアン・バネ ローラ・リー ローレリン・ペイジ ローレン・デイン