総合評価3星:Walking Disaster: The Maddox Brothers Series #2

2013年10月18日

Walking Disaster: Beautiful #2アビー(Abby Abernathy)とトラヴィス(Travis Maddox)のラブストーリー。大学生の若い2人。若さゆへの無鉄砲さや、過ちをへて2人は成長していった。

著: Jamie McGuire

楽天ブックス

このWalking Disasterは、1部のBeautiful Disasterとほぼ同じストーリーです。1部がアビーの視点で書かれた本なのに対し、2部はトラヴィスの視点で書かれた本。このBeautifulシリーズの物語を読者は1部で理解している事を前提に、トラヴィスのアビーを思う気持ちや彼の感情をせつなく表現した本です。

    • 幼い頃に母を亡くし、兄弟と父親、男だらけで育った彼の女性感
    • 初めて女性を愛し、彼自身も大人の男性へと成長する過程
    • 愛した女性との初めてのMake Love、嫉妬、せつなさ、葛藤

時に迷い悩むトラヴィス、彼の父の言葉が強く彼の心に響きます。

“One of these days you’re going to fall in love, son. Don’t settle for just anyone. Choose the girl that doesn’t come easy; the one you have to fight for, and then never stop fighting. Never.”

ストーリーの背景を説明する必要がないこの本は、トラヴィスの感情を全面に押し出す形で、トラヴィスの魅力を表現しています。彼がアビーを思うせつなさに、多くの女性は胸をキュンとさせるのではと思います。また、後半、1部で語られていなかった、その後のトラヴィスとアビーが書かれています。トラヴィスが信じた思いに間違いはなかった事を証明しています。

 


日本語版Beautiful Disaster / 訳: 金井 真弓 (楽天ブックス)

 
胸熱度
濡れ度
泣き度
総合評価

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください