Beauty from Pain: Beauty (1)

2014年7月19日 | バニラ, 洋書, 濡れ本, 総合評価 4 | コメント0件

Beauty from Pain: Beauty #1

ジャック(Jack McLachlan)はオーストラリアとニュージーランドにいくつもワイン農園を抱える、ワインメーカーのCEO、彼の魅力的な容姿にも拍車をかけ、金目当てで言寄ってくる女性が後を絶たなかった。ジャックは女性と後腐れなく関係を築けるよう、自分の身分を隠し、偽名を使い、期限付きで女性との関係を続けていた。ある日ジャックの前に現れた、アメリカ人女性ローレニー(Laurelyn Prescott) 、ジャックは彼女がオーストラリアに滞在する3ヶ月の間、関係を持って欲しいと提案する。期限付きのカジュアルな関係で始まったジャックとローレニーだったが・・・。

  • 胸熱度 70% 70%
  • 濡れ度 70% 70%
  • 泣き度 20% 20%
  • 総合評価 60% 60%

無限に貯まっていく読みたい本リストの中から、毎回次は何を読もうかと悩むのだが、3部作のこのBeautyシリーズ、1部が無料だったので、食いついてみた(今なら、楽天ブックスAmazonでも無料です。いつまで無料か分からないので興味のある方はお早めに)。

1部を読み終わった感想を一言でいうなら、「食いつきのいい本」だと思う。大体ヒーローとヒロインが出会い物語が動き始めるまでは、退屈感を感じる時もあるのだが、この本では1章の最初のパラグラフを読んで、退屈感は感じられず、むしろ「好きだ!」と直感しました。ストーリーの内容自体は、エロチカロマンスによくある、金持ちアルファ男と、男性経験少なく、美しい自分に自覚のない若い女性の物語だが、作者ジョージア・ケイツの文章がスムーズでテンポがいいのか、気が付いたら自然にストーリーに食いつき、ジャックとローレニーの恋話にどんどん引き込まれていく。

ジャックから突飛な関係を提案されたローレニー、簡単に2人の関係を説明するなら身分を明かさない期限付きのセフレのような関係。ローレニーは友人のアディソン(Addison)と2人、アディソンの兄のアパートに滞在し、オーストラリア旅行を楽しむつもりでいたが、オーストラリアに旅立つ前、男性と辛い別れを経験し、あと腐れなくジャックが心の傷を癒してくれるならと、ジャックの誘いに乗る。

ジャックは過去に12人の女性と期限付きの関係を持っており、13人目のローレニーも過去の女性達と同じく、カジュアルなものだと思っていた。

ジャックは過去の女性同様、ローレニーはただのセフレと思っているにも関わらず、無意識の中で彼のローレニーに対する態度には大きな違いがあった。別れた後追いかけまわされるのを嫌い、自宅に女性を連れ込むことはしなかったが、ローレニーには期限の3か月後まで一緒に住まないかと提案したり、彼の家族に彼女の存在を明らかにし、最終的には彼女を家族に紹介したり。家族にローレニーを会わせるイコール、自分の身分を彼女に明かすことになるのだが、ジャックは深く考えることなく、自然に彼女を彼の本当の世界に引き込む。

そしてローレニーがアメリカに帰る3か月後のその日まで、ジャックは頭で思い込んでいた彼女への思いと実際の本当の思いに大きな隔たりがあった事に気が付きつかなった。そして、実際にローレニーが自分の元を離れて初めて、No.13は彼を大きく変たことを実感する。

なんていうのか・・・、自分の感情や思いを詳細に分析するのは苦手で、アルファ度満載の猪突猛進型、本能タイプなジャック、Wet Rush涎が垂れるほど、タイプです(笑)。そして、エロもジャック自信を表すように、本能のおもむくままに、エロくて文句なし。 

ローレニーは一緒の時間をジャックと共有する過程で、彼を愛してしまった。しかし、別れは関係が始まった当初から決まっていた事。彼女は自分の思いを心に仕舞い込み、アメリカに戻る。

I’ve known pain my whole life, but this is a new kind for me. It isn’t born of something wrong or ugly. This pain is conceived out of beauty – my love for Jack Henry McLachlan. I embrace it. I clutch it as tightly as I can with both fists because I never want to forget the love I have for him. Loving him will forever be my Beauty from Pain.

2部では、ローレニーを取り戻すべくジャックが翻弄すると思うのですが、楽しみだぁ~(今から2部読み始めます)!!

Beauty from Pain Image

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Wet Rush ノベル

WetRush長編処女作ついに完成 ‼︎

紹介ページへ
今ならKindle Unlimited

レコメン

人気のページ

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ(4)
This Man: This Man (1)
異なる愛のかたち
完璧な恋に魂を捧げて: A Sign of Love (7)
The Red  – An erotic fantasy – レビュー補足 : The Godwicks Series (1)
Wet Rush レコメン2017
The Red  - An erotic fantasy - : The Godwicks Series (1)
Beneath This Man: This Man (2)
映画: フィフティ・シェイズ・オブ・ダーカー
眠り姫、官能の旅立ち (1)

過去記事アーカイブ

ブラックダガー ブラザー・フット特集

ブラックダガー

セイレーンの涙、天使のはつ恋 全シリーズ特集

オリジナル・シナーズ

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

おすすめ作家一覧

CD ライス CJ ロバーツ EL ジェイムス JA フス JD ロブ JM ドロワー J・R ウォード K ブロンバーグ LJ ディー M レイトン RK リリー SC スティーブンス SL ジェニングス TM フレイザー アナ・キャンベル アビー・グラインズ アリアンヌ・リッチモンド アリス・クレイトン アリーシャ・ローミング アン・ライス エデン・ブラッドレイ エマ・ジェイ エマ・チェイス エヴァ・クランシー オリビア・カニング キャリー・ハート クリスティン・アシュリー クリスティーナ・ローレン ケイト・ピアース ゲイル・マクヒュー コリーン・フーヴァー サマンサ・ヤング シェィ・サベージ シャロン・ケンドリック シャロン・ページ シルヴィア・デイ ジェイミー・マクガイア ジェス・マイケルズ ジャシンダ・ワイルダー ジュリー・ケナー ジョディー・エレン・マルパス ジョージア・ケイツ タリン・フィッシャー チェリス・シンクレア ティファニー・ライス デルフィーヌ・ドライデン ノーラ・ロバーツ ビー・キーランド フェリシティー・ブランドン ペッパー・ウィンターズ マヤ・バンクス マリー・フォース ミア・シェリダン メガン・マーチ リサ・マリー・ライス リサ・レネー・ジョーンズ リサ・ヴァルデス ルシアン・バネ ローラ・リー ローレリン・ペイジ ローレン・デイン

Twitter でフォロー