Before Jamaica Lane: On Dublin Street (3)

2014年2月14日 | バニラ, 洋書, 総合評価 3 | コメント0件

Before Jamaica Lane: On Dublin Street #3

大学の図書館で司書を務める、オリビア(Olivia Holloway)がエディンバラに引っ越して来て知り合った、男友達のナサニエル(Nathaniel Sawyer)通称ネイト。いつも一緒に映画を見て、ご飯を食べて、今では親友と言ってもいいほどだが、彼の魅力的でセクシーな容姿には、ドキドキさせられる。職場では、大学院生ベンジャミン(Benjamin)の視線をいつも感じるオリビア。そのことをネイトに相談してみるのだが。

  • 胸熱度 30% 30%
  • 濡れ度 40% 40%
  • 泣き度 0% 0%
  • 総合評価 35% 35%

On Dublin Streetシリーズの3部。2部で新しく登場した登場人オリビアとネイトのストーリー。レビューの前にオリビアとネイトをちょっと説明。

オリビアの父ミック(Mick)は、2部のヒロイン、ジョー(Johanna)の父親の古くからの知り合いで、虐待されるジョーを唯一父親から守ってくれる存在だった。しかし、彼の昔の恋人(アメリカ人女性)の間に娘オリビアがいる事を知ったミックは、ジョー達家族をスコットランドに残し、アメリカに渡る。オリビアの母は癌で数年前に死亡。その後、2部のヒーロー、キャメロン(Cameron)はジョーのためにミックの居場所を探し彼に連絡をとる。ミックとオリビアはジョーに会いにミックの故郷エディンバラやって来たのだが、エディンバラの魅力にハマりそのまま永住することとなる。それ以来、オリビアはジョーと友達になり、ジョーを通じて、アメリカ人同士ということもあり1部のヒロイン、ジョスリン(Jocelyn)とも友情を深めていった。

ネイトは、キャメロンの幼馴染。いつもキャメロンの家に遊びに来ている関係で、オリビアと知り合う。

さてと、レビューに戻ります。
オリビアとネイト、友達以上恋人未満というような微妙な関係が続いていた。お互いを魅力的と思っていながらも、もう一歩先に進もうとしない2人。そんな中、オリビアはベンジャミンと言う別の男性からデートに誘われる。しかし、オリビアは7年間もセックスしていない、復活処女。10代後半から20代前半の間、オリビアは、癌と戦い、先が長くない母との時間を第一に考え、彼氏を作る時間などなかった。処女でこそ無いものの、ほぼ経験ゼロと言えるオリビアは、思い切って、ネイトにセックスを教えてくれとお願いする。

“So lets get this straight. You want me to fuck you in order to teach you how to fuck another guy?”

ネイトは、多感な10代後半の時期に深い悲しみを経験し、彼の心は閉ざされていた。それ以来、女性と真剣に付き合う事はせず、体だけの関係を続けるMen-whore(ヤリちん)。

セックスの数は無駄にこなして、テクニックはマスタークラスのネイト、せっせ、せっせと、オリビアとヤリまくる。

“I couldn’t believe you’d been hiding those long, gorgeous legs.I dreamt of your legs that night, Liv. I dreamt they were wrapped around my back while I fucked your brains out.”

しかし、心は、頑固にオリビアを受け入れません。んんん・・・頑固? どっかで聞いたような・・・そうです。1部のジェスリンです。ネイト、ジェスリンの男バージョンと思ってください(ジェスリンはネイトのようにヤリちんじゃないけど)。サマンサ・ヤング、頑固を書かくの上手いですから、読者をすばらしいまでにイライラさせる。

私やっぱり、直球アルファ男が好きなんですよ、だから、ネイト、ダメだぁ。しかも、セックスの最中も経験が少ないオリビアに対して、なんとなく上から目線だし。

読者の好みの問題だが、私はこの本ダメでした。でも、AmazonGoodreadsの読者レビューは悪くないですよ。

もし、この本がシリーズではなく単独の本なら、おそらく総合評価1以下だったと思う。しかし、素直でユーモアがあって、魅力的なオリビアと、その他のOn Dublin Streetに敬意を表して総合評価2で。

次の4部にあたる、Fall from India Placeは、エリーの妹ハンナがヒロインのようです。次は、お願いしますよ、サマンサ・ヤング。

日本語版On Dublin Streetシリーズ / 訳:金井 真弓 (Amazon Japan)

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Wet Rush ノベル

WetRush長編処女作ついに完成 ‼︎

紹介ページへ
今ならKindle Unlimited

レコメン

人気のページ

ティファニー・ライスのThe Original Sinners シリーズ一覧
世界で一番美しい声: A Sign of Love (4)
Stinger: A Sign of Love (3)
Tears of Tess: Monsters in the Dark (1)
WetRush長編処女作 ついに完成   !!
愛の夜明けを二人で: Dream Man (3)
Dirty Filthy Rich Men: Dirty Duet (1)
Twisted Together: Monsters in the Dark (3)
Michael's Wings: The Original Sinners (6.3)
The Shadows: Black Dagger Brotherhood (13)

過去記事アーカイブ

ブラックダガー ブラザー・フット特集

ブラックダガー

セイレーンの涙、天使のはつ恋 全シリーズ特集

オリジナル・シナーズ

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

おすすめ作家一覧

CD ライス CJ ロバーツ EL ジェイムス JA フス JD ロブ JM ドロワー J・R ウォード K ブロンバーグ LJ ディー M レイトン RK リリー SC スティーブンス SL ジェニングス TM フレイザー アナ・キャンベル アビー・グラインズ アリアンヌ・リッチモンド アリス・クレイトン アリーシャ・ローミング アン・ライス エデン・ブラッドレイ エマ・ジェイ エマ・チェイス エヴァ・クランシー オリビア・カニング キャリー・ハート クリスティン・アシュリー クリスティーナ・ローレン ケイト・ピアース ゲイル・マクヒュー コリーン・フーヴァー サマンサ・ヤング シェィ・サベージ シャロン・ケンドリック シャロン・ページ シルヴィア・デイ ジェイミー・マクガイア ジェス・マイケルズ ジャシンダ・ワイルダー ジュリー・ケナー ジョディー・エレン・マルパス ジョージア・ケイツ タリン・フィッシャー チェリス・シンクレア ティファニー・ライス デルフィーヌ・ドライデン ノーラ・ロバーツ ビー・キーランド フェリシティー・ブランドン ペッパー・ウィンターズ マヤ・バンクス マリー・フォース ミア・シェリダン メガン・マーチ リサ・マリー・ライス リサ・レネー・ジョーンズ リサ・ヴァルデス ルシアン・バネ ローラ・リー ローレリン・ペイジ ローレン・デイン

Twitter でフォロー