Beg For Mercy: Mercy (3)

2017年11月6日 | BDSM, 洋書, 濡れ本, 総合評価 3 | コメント0件

Beg For Mercy: Mercy #3

彼の心の闇は私が救う。そう心に誓ったメルシー(Mercy)は自分を拒絶するシャーデー(”Sade” Johathon Lee Ashcroft)を諦める事なく、時に身の危険を感じる事があっても、愛と性の関連性をシャーデーに教えとくメルシーだった。

  • 胸熱度 100% 100%
  • 濡れ度 100% 100%
  • 泣き度 80% 80%
  • 総合評価 40% 40%

ダーク・エロチカ・ロマンス Mercy3部目でございます。

前回の2部は心理描写とても良くて、ヒーローが超胸熱でしたが、今回もまぁ、良かったかな(あくまでも「まぁ」ね)。

前回は戸惑いながらも、ヒロインメルシーへの愛を認めるシャーデーのヒーロー像が刹那さ満載だったのに対し、今回も同じく刹那いは刹那いんだけど、ちょっとヒーローのシャーデーに空回り感があったのが残念。

シャーデーがメルシーを思う気持ちが愛いだと確信すると、自分は彼女にふさわしくないのではないかと不安に襲われ、自からメルシーと距離を置こうとする。

でたでた。ロマンス定番ひねくれヒーローお約束「自分はヒロインにふさわくないから彼女と別れよう」ロジック。

今回のヒーローも同じくわざとヒロインに冷たい態度をとる。

でもヒロインは諦めない。むしろ、ヒーローが抱える問題を解決しようと、彼にカウンセリングを持ちかけるヒロイン。

シャーデーはサドマゾヒストで彼の性欲は痛みや暴力に直結している。だから愛や癒やしで欲情しない。もちろんシャーデーはメルシーを労るつもりでセックスを始めるが、最中あるスイッチが入ると暴力的に変貌しメルシーを痛めつけてしまう。メルシーはセックスは本来「愛を交わす」行為であり、威圧的であったり恐怖を与えるものではない。とカウンセリングと称して、シャーデーにMake Loveを教えとく。

「愛のレッスン」でございますね〜。

この「愛のレッスン」どちらかと言うと、メルシーがDomeになって、Subのシャーデーに快楽与えまくりつつ、労り倒すそんな内容。このエロシーン自体は、しっとり色気があって良かったんだけど、なぜカウンセリングという設定にしたのか、シャーデーがSubなのかとかが詳しい説明なしに「そういうモノ」ありきで話が進み、唐突だった。

それに、ヒーロー&ヒロイン以外の登場人物の背景とか、ロマンス以外のストーリーのプロットも話の背景説明が少な過ぎて読んでて疑問だらけ。

ここにレビューを載せる時は、どこがどう面白かったのか、ロマンス以外も書き留めたいと思うけど、このシリーズで言うとプロットの事実は理解できても、背景説明が無いままで読んでて消化出来ず、感想も湧いてこない。だから「こんな事があったよ」とネタバレしか出来ない。

やっぱり男性がロマンスを書く(女性が好む)のは難しいにかな。どうも唐突感があったり、話の展開が極端なんだな。話が直線的で、荒さが目立つストーリー展開。きっとアクションとかサスペンスなら、この書き方はスピード感となって面白いのかもしれないけど、ロマンスは、心理描写が本の良し悪しを決める大きなポイントになるから、前方方位、裏も表もひっくるめてグッル〜っと観察しまくった、穴のない書き方がいい。

それにダークロマンスと言う割りには、大した事ないし。

私の感覚が麻痺してるのか…でも、ペッパー・ウィンターズCJ ロバーツとつい比べてしまうから、そこも物足りなかったよ。

という事で、Goodreadsでは高評価だけど、私にはちょっと不完全燃焼な本でした。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Wet Rush ノベル

WetRush長編処女作ついに完成 ‼︎

紹介ページへ
今ならKindle Unlimited

レコメン

人気のページ

Dirty Filthy Rich Men: Dirty Duet (1)
映画: フィフティ・シェイズ・オブ・ダーカー
WetRush長編処女作 ついに完成   !!
Michael's Wings: The Original Sinners (6.3)
Father Mine: Black Dagger Brotherhood (6.5)
The Bourbon Thief
Backstage Pass: Sinners on Tour #1
眠り姫、歓喜する魂 (2)
拾われた乙女~調教の館~: The Original Sinners #0.5
The Red  – An erotic fantasy – レビュー補足 : The Godwicks Series (1)

過去記事アーカイブ

ブラックダガー ブラザー・フット特集

ブラックダガー

セイレーンの涙、天使のはつ恋 全シリーズ特集

オリジナル・シナーズ

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

おすすめ作家一覧

CD ライス CJ ロバーツ EL ジェイムス JA フス JD ロブ JM ドロワー J・R ウォード K ブロンバーグ LJ ディー M レイトン RK リリー SC スティーブンス SL ジェニングス TM フレイザー アナ・キャンベル アビー・グラインズ アリアンヌ・リッチモンド アリス・クレイトン アリーシャ・ローミング アン・ライス エデン・ブラッドレイ エマ・ジェイ エマ・チェイス エヴァ・クランシー オリビア・カニング キャリー・ハート クリスティン・アシュリー クリスティーナ・ローレン ケイト・ピアース ゲイル・マクヒュー コリーン・フーヴァー サマンサ・ヤング シェィ・サベージ シャロン・ケンドリック シャロン・ページ シルヴィア・デイ ジェイミー・マクガイア ジェス・マイケルズ ジャシンダ・ワイルダー ジュリー・ケナー ジョディー・エレン・マルパス ジョージア・ケイツ タリン・フィッシャー チェリス・シンクレア ティファニー・ライス デルフィーヌ・ドライデン ノーラ・ロバーツ ビー・キーランド フェリシティー・ブランドン ペッパー・ウィンターズ マヤ・バンクス マリー・フォース ミア・シェリダン メガン・マーチ リサ・マリー・ライス リサ・レネー・ジョーンズ リサ・ヴァルデス ルシアン・バネ ローラ・リー ローレリン・ペイジ ローレン・デイン

Twitter でフォロー