Being Me: Inside Out (2)

2013年10月7日 | BDSM, 洋書, 総合評価 3 | コメント0件

サラ(Sara McMillan)とクリス(Chris Merit)は2人の愛を深めていった。その傍ら、依然として消息の分からないレベッカ(Rebecca)。サラは、レベッカが本心を綴った日記と、彼女が働いていた職場で、レベッカの足取りを追ううちに、ますます彼女を助けたいという思いに駆られていく。

 

  • 胸熱度 40% 40%
  • 濡れ度 40% 40%
  • 泣き度 40% 40%
  • 総合評価 40% 40%

サラとクリスの深まる愛、サラが案じるレベッカの消息、サラの上司マークとの関係、この3つの関係がメインにストーリーは展開していきます。

サラは、レベッカの日記に綴られた、BDSMの快楽だけにとどまらない彼女の苦悩を案じます。しかし消息は以前不明のまま。

そしてサラの上司のマーク、彼はギャラリーの他に会員制のBDSMクラブのオーナーとしての顔ももつ、Dominant。 彼がレベッカのMasterなのか・・・しかし、クリスもマークとは異なる趣があるにせよ、同じくDominant。 マークとクリスはコインの表と裏のように1つのコインから2つの違う趣旨を持ったDominant。2人のDominant感がこの本で明確になっていきます。 

一方、サラとクリスは、お互いの秘密も共有する深い関係となり、サラがアートビジネスの夢をあきらめ、高校教師をしていたのは、彼女の家族にまつわる確執で、クリスは彼なりの方法で、サラの苦悩を和らげていきます。また、クリスのダークな秘密もこの本で明らかになります。新たなBDSMの形。レベッカの消息が明らかになり、その事が原因でサラが危険に晒され、クリスの心の葛藤が、彼のBDSM感を明らかにさせました。それはクリスの心の闇でもあり、衝撃的でもあります。

サラ、クリス、マーク、そしてレベッカ、この4名の軸にストーリーは渦を巻きながら、後半、イッキに話が終わりを迎えます。ミステリー特有の緊張感と、エロティカロマンス特有のトロトロ感がうまく混じり、読者を飽きさせないストーリーで読み応えがありました。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Wet Rush ノベル

WetRush長編処女作ついに完成 ‼︎

紹介ページへ
今ならKindle Unlimited

レコメン

人気のページ

異なる愛のかたち
映画: Fifty Shades Freed
Afterburn: Afterburn & Aftershock (1)
完璧な恋に魂を捧げて: A Sign of Love (7)
パッション
The Rose: The Godwicks (2)
悪魔に捧げた身代わりのキス
悲しみの夜の向こう: Rosemary Beach (1)
世界で一番美しい声: A Sign of Love (4)
Ruthless King: Mount Trilogy (1)

過去記事アーカイブ

ブラックダガー ブラザー・フット特集

ブラックダガー

セイレーンの涙、天使のはつ恋 全シリーズ特集

オリジナル・シナーズ

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

おすすめ作家一覧

CD ライス CJ ロバーツ EL ジェイムス JA フス JD ロブ JM ドロワー J・R ウォード K ブロンバーグ LJ ディー M レイトン RK リリー SC スティーブンス SL ジェニングス TM フレイザー アナ・キャンベル アビー・グラインズ アリアンヌ・リッチモンド アリス・クレイトン アリーシャ・ローミング アン・ライス エデン・ブラッドレイ エマ・ジェイ エマ・チェイス エヴァ・クランシー オリビア・カニング キャリー・ハート クリスティン・アシュリー クリスティーナ・ローレン ケイト・ピアース ゲイル・マクヒュー コリーン・フーヴァー サマンサ・ヤング シェィ・サベージ シャロン・ケンドリック シャロン・ページ シルヴィア・デイ ジェイミー・マクガイア ジェス・マイケルズ ジャシンダ・ワイルダー ジュリー・ケナー ジョディー・エレン・マルパス ジョージア・ケイツ タリン・フィッシャー チェリス・シンクレア ティファニー・ライス デルフィーヌ・ドライデン ノーラ・ロバーツ ビー・キーランド フェリシティー・ブランドン ペッパー・ウィンターズ マヤ・バンクス マリー・フォース ミア・シェリダン メガン・マーチ リサ・マリー・ライス リサ・レネー・ジョーンズ リサ・ヴァルデス ルシアン・バネ ローラ・リー ローレリン・ペイジ ローレン・デイン

Twitter でフォロー