Breaking Free: Masters of the Shadowlands (3)

2015年7月11日 | BDSM, 洋書, 濡れ本, 総合評価 4, 胸熱本 | コメント0件

Breaking Free: Masters of the Shadowlands, #3

 虐待を繰り返すサディストな夫からなんとか逃げ出したベス(Elizabeth Stanton)は、たどり着いたフロリダで、過去を忘れ気持ち新たに生活を送っていた。しかし長年培ったSubとしての欲望は消すことが出来ず、クラブShadowlandsに入会したものの、虐待のトラウマは思いのかベスを苦しめ、恐怖心から解放される事はなかった。そんなベスを見かねた、クラブオーナーのマスターZは、同じクラブメンバーのDom、ノーラン(Nolan King)にベスをゆだねる。

  • 胸熱度 70% 70%
  • 濡れ度 80% 80%
  • 泣き度 50% 50%
  • 総合評価 75% 75%

Masters of the Shadowlandsシリーズ、3部目。

この本の前に読んだ本(Ugly Love)の余韻を自分に自覚がないままも思いのほか引きずっていたWet Rush、Ugly Loveを読み終わった後すぐ間髪入れずにこの本を読み始めたのだが、どうも感情移入出来ず、ストーリーの前半は気持ちが集中出来ずにいた。Ugly Loveが、甘酸っぱい純愛グリーンアップルのような話なら、これは、肉汁タップリBDSM ステーキのような話。2冊合わせるとちょっと胸焼け状態。

でも後半は、この本に気持ちが入り込んだ事で、作者チェリス・シンクレアのBDSM論に大いに共感したり、ノーランのDomとしての優しさとか、ベラを守る男としての魅力とか、少しずつ癒されていくベラの心の傷とか、思わずホロっと涙する所もあり、なんともよろしい。

夫から虐待を繰り替えされていたベスは、体中傷だらけな上に骨折により足や手が変形していたりと、読んでて胸が苦しくなるほどに惨さが伺える。そんな夫から逃げだしたベスが、ShadowlandsでSubとしてプレイに参加するが、彼女の中でDom(男性)に対しての恐怖感、不信感はひどいものだった。そんなベスをノーランはBDSMを通して、少しずつ癒していく。

BDSMで癒すっておかしな話だが、要は男女の信頼なんだよね。とにかく怯え続けるベラを、支配と服従で完全に包み込んで守って、絶対的な安心感と、宇宙レベルの快楽をベラに与え、ノーランはベラから信頼を勝ち取っていく。信頼がある一定のレベルに達したら、痛みによる快楽がさらに2人の信頼を確実なものに押し上げて、信頼は愛へと変わっていき・・・と、読んでて私も心からノーランに癒されてたいと思えるほど(私Sub気あるのかな・・・爆)。つ~か、普通の女なら、こんな風に癒されたいと絶対思うは。

チェリス・シンクレアが良い文章書くから、BDSMの鞭打ちシーンとか、本の中に自分が吸い込まれていって、その場で体感しているような錯覚に襲われたほど強烈だった。たしか前にも誰かのレビュー記事で書いたけど、男女のセックス、要は行為自体はどれもさほど変わらない。そんなエロをエロ~く書ける作家って、表現力に長けてるんだろうな。女って、断片的なエロには興奮しないから、男女が出会って結ばれるまでの、そのすべての流れに気持ちが入り込んで、初めてエロがエロ~く感じる。「ただエロいだけじゃダメ」で、いろんな要素が必要。だから、ロマンスに気持ちが入り込んでエロいと感じる本が書ける作家が、ひとつの評価基準でもあったりして。

ところで、このシリーズ、非常にWet Rushのツボにハマっているのだが、あんまり大好物を食べ続けると飽きてくるので、少し休んだ方がいいのかなとも思ってきた。他にも読みたい&読まなきゃいけない本は無限にあるので、しばし休憩を検討中(とか言いながら、誘惑に負けて、またすぐ読んじゃうかもww)。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Wet Rush ノベル

WetRush長編処女作ついに完成 ‼︎

紹介ページへ
今ならKindle Unlimited

レコメン

人気のページ

Michael's Wings: The Original Sinners (6.3)
Dirty Filthy Rich Men: Dirty Duet (1)
The Red  - An erotic fantasy -
Dirty Filthy Rich Love: Dirty Duet (2)
Defiant Queen: Mount Trilogy (2)
Mischief: The Original Sinners (8.6)
His Turn: Turning #3
睡魔とエロチカロマンス
Sinful Empire: Mount Trilogy (3)
Mercy: No Mercy (2)

過去記事アーカイブ

ブラックダガー ブラザー・フット特集

ブラックダガー

セイレーンの涙、天使のはつ恋 全シリーズ特集

オリジナル・シナーズ

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

おすすめ作家一覧

CD ライス CJ ロバーツ EL ジェイムス JA フス JD ロブ JM ドロワー J・R ウォード K ブロンバーグ LJ ディー M レイトン RK リリー SC スティーブンス SL ジェニングス TM フレイザー アナ・キャンベル アビー・グラインズ アリアンヌ・リッチモンド アリス・クレイトン アリーシャ・ローミング アン・ライス エデン・ブラッドレイ エマ・ジェイ エマ・チェイス エヴァ・クランシー オリビア・カニング キャリー・ハート クリスティン・アシュリー クリスティーナ・ローレン ケイト・ピアース ゲイル・マクヒュー コリーン・フーヴァー サマンサ・ヤング シェィ・サベージ シャロン・ケンドリック シャロン・ページ シルヴィア・デイ ジェイミー・マクガイア ジェス・マイケルズ ジャシンダ・ワイルダー ジュリー・ケナー ジョディー・エレン・マルパス ジョージア・ケイツ タリン・フィッシャー チェリス・シンクレア ティファニー・ライス デルフィーヌ・ドライデン ノーラ・ロバーツ ビー・キーランド フェリシティー・ブランドン ペッパー・ウィンターズ マヤ・バンクス マリー・フォース ミア・シェリダン メガン・マーチ リサ・マリー・ライス リサ・レネー・ジョーンズ リサ・ヴァルデス ルシアン・バネ ローラ・リー ローレリン・ペイジ ローレン・デイン

Twitter でフォロー