Captivated by You: A Crossfire Novel (4) 1シーン抜粋

2014年2月9日 | ブログ, 洋書 | コメント0件

シルヴィア・デイのウェブサイトに、Crossfireシリーズの4部のCaptivated by Youの1シーンが掲載されました。
http://www.sylviaday.com/2014/02/07/captivated-excerpt-1/ (もしまだ3部のEntwined with Youを読んでない方は、完全ネタバレになるので、読むか読まないはご自身のご判断で。)

って、私最近まで知らなかったのですが、Entwined with Youの日本語版はまだ発売していないのですね・・・
もしかしたら、ネタバレし過ぎたかも、と思い過去の自分のレビューを見直してみたのですが、「5部シリーズは長すぎて3部は中途半端」の文句ばかりで、そんなにはネタバレしてないかな? 肝心な事は書いてないので、大丈夫かなぁと思ってもみたり。

4部のCaptivated by Youのあらすじも公開されていますね。↓これ。

Gideon calls me his angel, but he’s the miracle in my life. My gorgeous, wounded warrior, so determined to slay my demons while refusing to face his own.

The vows we’d exchanged should have bound us tighter than blood and flesh. Instead they opened old wounds, exposed pain and insecurities, and lured bitter enemies out of the shadows. I felt him slipping from my grasp, my greatest fears becoming my reality, my love tested in ways I wasn’t sure I was strong enough to bear.

At the brightest time in our lives, the darkness of his past encroached and threatened everything we’d worked so hard for. We faced a terrible choice: the familiar safety of the lives we’d had before each other or the fight for a future that suddenly seemed an impossible and hopeless dream…

3部では、中途半端な2人ですが、後2部も話が続くなら、シルヴィア・デイ、エヴァとギデオン、一度は別れさせる(距離を置く)のかなぁ・・・と想像してみたり。大体、ロマンス系の本って、”Happy ever after”の終わり方をする前に、主人公とヒロインをいったん別れさせるパターンが多いので、勝手に想像してます。

とにかく、待ちきれない!!!

日本語版クロスファイヤシリーズ / 訳:中谷ハルナ(Amazon Japan)

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Wet Rush ノベル

WetRush長編処女作ついに完成 ‼︎

紹介ページへ
今ならKindle Unlimited

レコメン

人気のページ

異なる愛のかたち
映画: Fifty Shades Freed
Afterburn: Afterburn & Aftershock (1)
悲しみの夜の向こう: Rosemary Beach (1)
Darker: Fifty Shades of Grey #5
拾われた乙女~調教の館~: The Original Sinners #0.5
ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた③ サイン本プレゼント - 恋めばえる忍冬の宿
Backstage Pass: Sinners on Tour #1
天使のはつ恋: The Original Sinners (2)
パッション

過去記事アーカイブ

ブラックダガー ブラザー・フット特集

ブラックダガー

セイレーンの涙、天使のはつ恋 全シリーズ特集

オリジナル・シナーズ

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

おすすめ作家一覧

CD ライス CJ ロバーツ EL ジェイムス JA フス JD ロブ JM ドロワー J・R ウォード K ブロンバーグ LJ ディー M レイトン RK リリー SC スティーブンス SL ジェニングス TM フレイザー アナ・キャンベル アビー・グラインズ アリアンヌ・リッチモンド アリス・クレイトン アリーシャ・ローミング アン・ライス エデン・ブラッドレイ エマ・ジェイ エマ・チェイス エヴァ・クランシー オリビア・カニング キャリー・ハート クリスティン・アシュリー クリスティーナ・ローレン ケイト・ピアース ゲイル・マクヒュー コリーン・フーヴァー サマンサ・ヤング シェィ・サベージ シャロン・ケンドリック シャロン・ページ シルヴィア・デイ ジェイミー・マクガイア ジェス・マイケルズ ジャシンダ・ワイルダー ジュリー・ケナー ジョディー・エレン・マルパス ジョージア・ケイツ タリン・フィッシャー チェリス・シンクレア ティファニー・ライス デルフィーヌ・ドライデン ノーラ・ロバーツ ビー・キーランド フェリシティー・ブランドン ペッパー・ウィンターズ マヤ・バンクス マリー・フォース ミア・シェリダン メガン・マーチ リサ・マリー・ライス リサ・レネー・ジョーンズ リサ・ヴァルデス ルシアン・バネ ローラ・リー ローレリン・ペイジ ローレン・デイン

Twitter でフォロー