黒き戦士の恋人: Black Dagger Brotherhood (1)

2014年12月15日 | バニラ, 洋書, 総合評価 4, 胸熱本 | コメント0件

Dark Lover: Black Dagger Brotherhood #1

ヴァンパイアの種を守る6人の騎士団、ブラック・ダガー・ブラザーフッド。リーダーは、ヴァンパイアの王の座を放棄した、ラス(Wrath)。ある日、同じブラックダガーメンバーのダライアス(Darius)から人間とヴァンパイアのハーフで彼の娘、ベス(Elizabeth Randall)のトランジション(ヴァンパイアに変化すること)を救ってほしいと頼まれる。しかしそれは、ラスが聞いたダリウスの最後の言葉となってしまった。

  • 胸熱度 100% 100%
  • 濡れ度 80% 80%
  • 泣き度 65% 65%
  • 総合評価 70% 70%

読者メータで、話題になってた、ブラックダガー ブラザー・フット。いつか読もうと思っていた中、皆さんの後押しもあり、ついに・・・(汗)パンドラの箱を開けてみた。って、今回は、翻訳本を読みたかったのだが、なんと、翻訳の電子版は存在しない(涙)。読みたいと思ったら、直ぐ読める電子の身軽さにすっかり慣れてしまったWet Rushは、その内配達される本を待っている間、原書を読み始めてみた。

読み終わった感想第一声は、「面白すぎる!!!!」。

で、読み終わった後の余韻を噛みしめながら、何が面白かったのか考えてみる。

まず第一に、構成バランスが素晴らしい!

J.R. Wardって小説の見本みたいな、本を書く作家だね。 一つの章は、長すぎず、短すぎず、丁度いい長さで、いろいろな登場人物の目線で、テンポよく話が進み、まったく飽きを感じない。よくエロチカにありがちな、これでもこれでもかのエロのオンパレードで、エロ以外のドラマはいい加減という本もある中、この本は、ロマンス、エロ、友情、忠誠心、アクションなどなど、すばらくバランスがいい。これだけ盛り沢山の内容なので、他の長編物に比べて、ページ数が多いのも事実だが、ストーリーの前半に熱~~いラスとベスのエロシーンをたっぷり書く事で、読者の頭の中に、ヒーローとヒロインのエロは熱い。と、インプットされる。で、残りのエロシーンは多くのページを割かなくても、読者の記憶が勝手にエロを想像してくれるので、たった一行の濡れシーンで、十分すぎるほどエロさを感じる。さらに後半エロにページを割く必要はなく、その分、ブラック・ダガー・ブラザーズ達の魅力や、彼らの友情、忠誠心、敵対勢力、レッサーとの対決などで思う存分読者を楽しませる。

後ね、J.R. Ward、状況説明や、比喩などの表現がすばらしいね。程よい長さの章の中に、登場人物の置かれている状況や周りの設定、彼らが発する言葉が、ものすごく的を得てる。丁度いい長さの章で、適格な表現を表すために、英語の難易度高いです。過去にこのブログで100冊以上の原書を紹介しているが、この本、英語の難易度は一番高かったかな。別に文法が難しいと言うのではなく、普段の生活で使う事のない単語や、ラテン語までも盛り込まれ、Kindleに搭載されてる辞書にも乗ってない単語が盛りだくさん。英→英辞書やGoogleを使いまくりでした。

何か言いたいかというと、その言葉一つ一つが適格なんだな。

ストーリーの内容に目を向けても、ヒーローや、ブラック・ダガー・ブラザーズ達のアルファっぷりが、Wet Rushの大好物でたまらん(ヨダレ)。ヒロインのベスも強さと優しさを兼ね備えた、魅力的な女性で文句なし。

また、「黒い剣の騎士団」としてのブラック・ダガー・ブラザーズの忠誠心や、ヴァンパイア世界での規律や階級。こういう世界って、コンテンポラリーで表現することは出来ないので、その多くがヒストリカルになりがちだが、パラノーマルにすることで、コンテンポラリーでも、人間の古典的な世界感を上手に表現してると思う。

この本、随分前に出版された本(原書2005年 / 翻訳2008年)だし、ロマンスファンなら皆内容を知ってるだろうから、私が今さら内容をどうこう言う必要もないよね。

さてさて、冒頭で、「パンドラの箱」を開けてしまったと表現したが、この本13部+続編1部からなる、計14部の超ロングシリーズです。これだけ面白いと、全部読み終えると思うが、何時になるかは分からん(笑)。途中他のシリーズ本の続編も出版されるだろうし、読みたい本も沢山あるし。来年中には読み終える・・・かな?。

Black Dagger Brotherhood

日本語版ブラック・ダガー・ブラザーフッドシリーズ / 訳:安原 和見 (Amazon Japan)

     

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Wet Rush ノベル

WetRush長編処女作ついに完成 ‼︎

紹介ページへ
今ならKindle Unlimited

レコメン

人気のページ

The Rose: The Godwicks (2)
One More Chance: Rosemary Beach (8)
Forever Too Far: Rosemary Beach (3)
フィフティ・シェイズ・オブ・ダーカー (2)
Dirty Filthy Rich Men: Dirty Duet (1)
完璧な恋に魂を捧げて: A Sign of Love (7)
映画: Fifty Shades Freed
Darker: Fifty Shades of Grey #5
世界で一番美しい声: A Sign of Love (4)
Simple Perfection: Rosemary Beach (6)

過去記事アーカイブ

ブラックダガー ブラザー・フット特集

ブラックダガー

セイレーンの涙、天使のはつ恋 全シリーズ特集

オリジナル・シナーズ

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

おすすめ作家一覧

CD ライス CJ ロバーツ EL ジェイムス JA フス JD ロブ JM ドロワー J・R ウォード K ブロンバーグ LJ ディー M レイトン RK リリー SC スティーブンス SL ジェニングス TM フレイザー アナ・キャンベル アビー・グラインズ アリアンヌ・リッチモンド アリス・クレイトン アリーシャ・ローミング アン・ライス エデン・ブラッドレイ エマ・ジェイ エマ・チェイス エヴァ・クランシー オリビア・カニング キャリー・ハート クリスティン・アシュリー クリスティーナ・ローレン ケイト・ピアース ゲイル・マクヒュー コリーン・フーヴァー サマンサ・ヤング シェィ・サベージ シャロン・ケンドリック シャロン・ページ シルヴィア・デイ ジェイミー・マクガイア ジェス・マイケルズ ジャシンダ・ワイルダー ジュリー・ケナー ジョディー・エレン・マルパス ジョージア・ケイツ タリン・フィッシャー チェリス・シンクレア ティファニー・ライス デルフィーヌ・ドライデン ノーラ・ロバーツ ビー・キーランド フェリシティー・ブランドン ペッパー・ウィンターズ マヤ・バンクス マリー・フォース ミア・シェリダン メガン・マーチ リサ・マリー・ライス リサ・レネー・ジョーンズ リサ・ヴァルデス ルシアン・バネ ローラ・リー ローレリン・ペイジ ローレン・デイン

Twitter でフォロー