恋の予感に身を焦がして: Dream Man (1)

2016年10月29日 | バニラ, 洋書, 総合評価 3 | コメント0件

恋の予感に身を焦がして: Dream Man #1

フリーで編集業を営むグエン(Gwendolyin Kidd)は、1年半前にバーで知り合った名も知らぬ男性「ミステリーメン」が夜こっそり自宅を訪れて来るのを密かに楽しんでいた。グエンの妹ジンジャー(Ginger Kidd)はいつもトラブルメーカー、そんな妹が大きな事件を起こした事を知る。その妹の事件がきっかけで、「ミステリーメン」がセキュリティー業を営む元軍人で、妹の事件に関連し、グエンを監視していた、ホーク(Cabe “Hawk” Delgado)と知り、これを気にグエンとホークの関係が一気に近くなっていった。

  • 胸熱度 60% 60%
  • 濡れ度 60% 60%
  • 泣き度 10% 10%
  • 総合評価 50% 50%

全部で4部作のこのシリーズ、ながらく積本で眠っていた所、ここ最近1部が訳本になり、皆さんのレビューが結構良い。ならば私も! という事で、やっとの事ページを開いてみた。

ここ最近、虐待モノやBDSM系などかなり濃〜いシリーズを続けて読んでいたので、ちょっと気分を変えてバニラ系を読みたくなったのも理由。

うん、前評判通り、面白かった。

ヒロインの話方が超今時で、ゲラゲラ笑いながら読んだよ。

ヒロインがヤケになると、クッキー生地を生で食べるシーンが出て来るのだが、アメリカでヤケ食いと言えばこのクッキー生地かアイスクリームっていう位定番。

クッキー生地かアイスクリームってことで、ハーゲンダッツにクッキー生地入りアイスがある位。

もちろんハーゲンダッツは、クッキー生地に生卵は使わず、小麦粉もそのまま食べられるよう加工はしてるだろうけど、ペースト状のクッキーはけっこうイケる。

なんかコメディー映画のナレーションみたいっていうのかな、畳み掛けるような口調に、造語、形容詞炸裂で、接続詞が少なく、口語っぽくて。比較的長いページの本なのだが、サラっと読める。だからページ数の割に読むスピードが早い。

訳本でこのチャラい英語がどんな風に訳されてるのか気になった。

後、登場人物が良かったね。

ヒロインや彼女の友人達の超今時「姉ちゃん」感、傲慢俺様ヒーローに、今後のシリーズでヒーローとなるだろうイケメン脇役。ヒロインの妹の痛さっぷり。キャラが光ってる。

ただ、多すぎ? 読んでて「あんた誰?」となってページを戻って確認する事もしばしば。今後シリーズを続けるために必要な登場人物なのか、この一冊にいろんな人物が詰まってる。

読んでて読者の記憶に残る、重要なプロットに登場するキャラなら、後になっても忘れる事はないが、名前を知らなくてもストーリーに影響がないような人物にまで文字を割く必要があったのかな?

その流れで言うと、多彩な登場人物とそのキャラは面白かったが、人物像に話が集中して、このストーリー本来のプロットが希薄のようにも感じた。

ヒロインの妹が起こした事件がきっかけで、ヒロイン&ヒーローのロマンスが発展するのだが、その妹の事件の全容がよく見えてこなかった。「どんな事件」だったのかは分かったけど、もっと具体性が欲しかったし、ヒーローの過去ももっと掘り下げて欲しかったよね。

過去に妻と娘を亡くしたヒーロー、その後長い間、自分に壁を作りずっと孤独に身を置いていた。ヒロイングエンに出会うまでは、体を重ねる女性はいたが、心開く事はなかった。

この当たりもっと読みたかったよぉ〜。

回想シーンでも良いし、やるだけ女とヒロインのバトルとかもさww。

多くを求めすぎかね?

そこまで盛り込んだら、もっとページ数が長くなるだろうし…。

登場人物のキャラ設定と、今時なキャッチー感、サクサク読めるスピード感、でもその分希薄なプロットがアンバランスな感じもするけど、単純に「サラっと読める」本を求めるならオススメかな。

この「サラっと読める」感、なんだかんだでハマってる。他に読みたい本が有りすぎるけど、続きのシリーズしばらく読んでみようと思ってる。

日本語版Dream Manシリーズ / 訳:高里 ひろ (Amazon Japan)

   

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Wet Rush ノベル

WetRush長編処女作ついに完成 ‼︎

紹介ページへ
今ならKindle Unlimited

レコメン

人気のページ

異なる愛のかたち
映画: Fifty Shades Freed
Afterburn: Afterburn & Aftershock (1)
完璧な恋に魂を捧げて: A Sign of Love (7)
パッション
The Rose: The Godwicks (2)
悪魔に捧げた身代わりのキス
悲しみの夜の向こう: Rosemary Beach (1)
世界で一番美しい声: A Sign of Love (4)
Ruthless King: Mount Trilogy (1)

過去記事アーカイブ

ブラックダガー ブラザー・フット特集

ブラックダガー

セイレーンの涙、天使のはつ恋 全シリーズ特集

オリジナル・シナーズ

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

おすすめ作家一覧

CD ライス CJ ロバーツ EL ジェイムス JA フス JD ロブ JM ドロワー J・R ウォード K ブロンバーグ LJ ディー M レイトン RK リリー SC スティーブンス SL ジェニングス TM フレイザー アナ・キャンベル アビー・グラインズ アリアンヌ・リッチモンド アリス・クレイトン アリーシャ・ローミング アン・ライス エデン・ブラッドレイ エマ・ジェイ エマ・チェイス エヴァ・クランシー オリビア・カニング キャリー・ハート クリスティン・アシュリー クリスティーナ・ローレン ケイト・ピアース ゲイル・マクヒュー コリーン・フーヴァー サマンサ・ヤング シェィ・サベージ シャロン・ケンドリック シャロン・ページ シルヴィア・デイ ジェイミー・マクガイア ジェス・マイケルズ ジャシンダ・ワイルダー ジュリー・ケナー ジョディー・エレン・マルパス ジョージア・ケイツ タリン・フィッシャー チェリス・シンクレア ティファニー・ライス デルフィーヌ・ドライデン ノーラ・ロバーツ ビー・キーランド フェリシティー・ブランドン ペッパー・ウィンターズ マヤ・バンクス マリー・フォース ミア・シェリダン メガン・マーチ リサ・マリー・ライス リサ・レネー・ジョーンズ リサ・ヴァルデス ルシアン・バネ ローラ・リー ローレリン・ペイジ ローレン・デイン

Twitter でフォロー