総合評価2星:Fall From India Place: On Dublin Street #4

2014年6月16日

Fall From India Place: On Dublin Street #414歳のハンナ(Hannah Nichols)と数学年上のマルコ(Marco D’Alessandro)は、お互いに淡い思いを寄せていた。徐々に2人の中は近くなり、ハンナが17歳になったある夜、2人は結ばれる。しかしそれはハンナにとっては辛く苦い思い出となってしまった。一方マルコはハンナと結ばれたすぐ後にハンナに何も連絡せずスコットランドを離れアメリカに戻ってしまう。その後5年という歳月が過ぎ、ハンナも大学を卒業し、英語教師としての人生を歩き始めていた矢先、アメリカから戻って来たマルコと再開するのだが。

著:Samantha Young

楽天ブックス | Amazon Japan | Amazon U.S.

邦題「ダブリン・ストリートの恋人たち」でお馴染みのOn Dublin Streetシリーズ。日本語版は1部までしか出版されていませんが、英語版は4部が数週間前に出版されました(詳しくはこちら)。1部の続き2.5部にあたるジョスリンとブレイデンが結婚した頃から8年の歳月が過ぎ、まだティーネージャーだったハンナは、22歳の大人の女性へと成長していました。オリビアとネイトを綴った3部で、その当時のハンナとマルコも少しストーリーに登場しています。この本は、あれから8年後の設定。

ストーリーの中ではその後のジョスリンとブレイデン、エリーとアダム、ジョーとキャメロン、オリビアとネイトも登場します。皆8年の間に子供を生み、それぞれHappy ever afterまっしぐらといった感じ。そして、今度はハンナとマルコの番。しかし、2人が一緒になるにはいろいろ障害がお決まりのように起きるわけで・・・

マルコはハンナと初めて結ばれた当時から、ハンナの事が好きでした。しかし彼は家族の問題などで、なかなか自分の気持ちを認めませんでした。そして、若さや弱さも助長して、逃げるようにアメリカに戻ってしまいます。数年が過ぎ、再びエディンバラに戻って来ましたが、自分への自信の無さや、ハンナに対して罪悪感から、なかなかハンナに連絡をとりません。しかし偶然再会する2人。あの頃からお互いへの気持ちがまったく変わっていないことに2人は気がつきます。しかし、簡単に2人がもう一度一緒になるには、障害が多過ぎました。

読み終わった率直な感想は、Wet Rushかなり、消化不良です。

その後の皆を説明するのに、ページをとり過ぎているのか、ハンナとマルコの恋話に完全に焦点を当てきれていないように思えます。読んでる途中で飽きてきて、読むのを途中で辞めようかと思うほどでした。Samantha Youngらしく泣きポイントなどもしっかり盛り込んでいるので、ホロっと来る所はありましたが、心に響くほどでもなく・・・。また、ストーリーは、ハンナのPOVのみなで、マルコの気持は、彼の会話から読み取るしかないのですが、どうも読者に響かない。マルコはかなりのアルファ男。しかし彼の思いが深く読者に響いていないので、アルファぶりがどうにも空回りしているに思えます。さらに、エロも薄いですし。

たまたま、この前に、超ダークな濃~~いストーリーを読んだので、私の感覚がマヒしているのか。

なんか、On Dublin Streetシリーズ、だんだんつまらなくなってるなぁ・・・と。

本のカバーのマルコを連想させる男性も、ストーリーの中のマルコ像と全然イメージ違うし。

それでも淡い期待を寄せるのが、2015年2月に発売予定の5部は、ジョーの弟コールの話のようです。Samantha Young嫌いな作家ではないので、なんとか頑張ってほしい。


日本語版On Dublin Street / 訳:金井 真弓 (楽天ブックス)

  
胸熱度
濡れ度
泣き度
総合評価

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください