総合評価4星:Falling Into Us: Falling #2

2014年2月24日

Falling Into Us: Falling #216歳高校のジョンソン(Jason Dorsey)、ずっと気になっていた、ネリー(Nelly)をデートに誘ってみたが、あっさり断られてしまった。ネリ―にはケイル(Kyle)がいるのは最初からわかっていたこと。そんなネリ―から、彼女の友人ベッカ(Becca de Rosa)をデートに誘ってみたらどうかと提案される。最初は軽い気持ちでベッカを誘ったジョンソン。しかし、その時はまだ、ジョンソンとベッカが人生を共にするパートナーだとは、誰も想像していなかた。

著:Jasinda Wilder

楽天ブックス | Amazon Japan | Amazon U.S.

Falling シリーズの2部。ネリ―の友達ベッカと、ケイルの友達ジェンソンのラブストーリーです。1部を純愛100%と表現しましたが、2部は、純愛200%といった感じ。はい、とにかく甘~~~~~~いです!!
ストーリーは、ロマンスの王道を行くような内容で、簡単に説明すると、16歳の彼氏・彼女がそのまま大学、社会人をへて結婚して子供を持つという、直線コースのストーリー。

もちろん、ただそれだけでは話がもたないので、お互いの両親の問題や、共通の友人ケイルの死、ベッカは、ネリ―が別人のように心を閉ざしてしまったことで、彼女を助けたることはできなかと苦悩したり、ベッカの兄の事件など、読者を飽きさせないように仕上げています。

Falling Into Us1部でも同じく、主人公とヒロインの初々しい恋愛にドキドキしましたが、この本も同じく、2人の初デートから、ファーストキス、ファーストタッチ、セックス、オーガムズと、そのすべてが、純粋で、素直で、感情豊かで、読者をトロけさせます(自分がこんな感情持ってたの遥か昔だなぁ・・・と現実逃避しつつ)。

この直線コースのストーリーの何がそんなにハマるのかというと、完全に作者Jasinda Wilderの文章力に読者は酔わされるからではないでしょうか。他のエロチカロマンス本にあるハードでベビーなBDSMや熱~いセックスシーンを読むのと同じくらい、ただの2人のファーストキスにこんなにも胸がキュンとして、たどたどしい初めてのセックスに同じくらい濡れるのは、シンプルで読みやすい作者の文章がなんの抵抗もなく、心にダイレクトに響くからだと思います。

このシリーズ、とにかく読みやすいです。難しい単語や言い回しも少なく、登場人物の会話を主体とした文章で構成されており、でも決してチープに感じることなく、登場人物の声がストレートに心に入ってきます。

もし、英語のエロティカロマンスに挑戦したいと思う方がいたら、このシリーズを一番にお奨めします。

“God, Becca. Kissing you is…it’s seriously the best thing ever.”
I touched my lips, knowing they were swollen. “It’s dangerous, I think.”
“What is?” Jason asked.
“You and me kissing.”
“Why?”
I met his eyes, let him see all my rolling emotions. “Because I never want to stop. I could kiss you until I suffocate.”

ストーリーの終盤には、その後のネリ―とコルトンも登場し、最後はやっぱりお決まり、Happy ever afterで。

胸熱度
濡れ度
泣き度
総合評価

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください