Fear of Falling

2013年9月10日 | 泣き本, 洋書, 総合評価 3 | コメント0件

自分がレズでない事はわかっていた。レズのふりをする事は自分の身を守る手段だった・・・ カミ(Kami Duvall)は常に怯えていた。ふと立ち寄ったバーで魅力的な男性ブレイン(Blaine Jacobs)に出会う。彼へ魅力を感じることに怯えながらも、彼が近くにくると包み込まれているような思いをがした。

  • 胸熱度 40% 40%
  • 濡れ度 0% 0%
  • 泣き度 30% 30%
  • 総合評価 30% 30%

1部読み切りのこの小説、多少のエロはありますが、官能小説よりも、純愛ストーリーに近い感じ。目を覆ってしまうような壮絶なカミの過去から逃れ逃れ、同じ思いを共有できる友達と身を寄せ合うように暮らしていたアメリカ南部アトランタ。カミはたまたま立ち寄ったバーで運命的な出会いをする。ブレインの見かけはタトゥーにピアス、ワイルドな雰囲気、しかし見た目を反して本当は、純粋な心を持ち、誠実なブレイン。

“Don’t worry,” he smiled, pulling me into the hard warmth of his chest. “I’ve got you. I’ll always catch you when you fall.”

And just like that, Blaine had staked his claim on the untouched part of me that no living soul had ever moved. He had captured every fear, every reservation, and crushed them in the palm of his inked hand.

2人の関係が深まるのに時間はかからない。

そんな矢先。カミに悲劇が起こり、このシーンは涙なくして読めませんでした。その後のブレインの落胆も、胸が締め付けられます。

しかし、それでも生きるカミは、一見弱いようで、人一倍強い女性なのかもしれないですね。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Wet Rush ノベル

WetRush長編処女作ついに完成 ‼︎

紹介ページへ
今ならKindle Unlimited

レコメン

人気のページ

異なる愛のかたち
映画: Fifty Shades Freed
Afterburn: Afterburn & Aftershock (1)
完璧な恋に魂を捧げて: A Sign of Love (7)
パッション
The Rose: The Godwicks (2)
悪魔に捧げた身代わりのキス
悲しみの夜の向こう: Rosemary Beach (1)
世界で一番美しい声: A Sign of Love (4)
Ruthless King: Mount Trilogy (1)

過去記事アーカイブ

ブラックダガー ブラザー・フット特集

ブラックダガー

セイレーンの涙、天使のはつ恋 全シリーズ特集

オリジナル・シナーズ

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

おすすめ作家一覧

CD ライス CJ ロバーツ EL ジェイムス JA フス JD ロブ JM ドロワー J・R ウォード K ブロンバーグ LJ ディー M レイトン RK リリー SC スティーブンス SL ジェニングス TM フレイザー アナ・キャンベル アビー・グラインズ アリアンヌ・リッチモンド アリス・クレイトン アリーシャ・ローミング アン・ライス エデン・ブラッドレイ エマ・ジェイ エマ・チェイス エヴァ・クランシー オリビア・カニング キャリー・ハート クリスティン・アシュリー クリスティーナ・ローレン ケイト・ピアース ゲイル・マクヒュー コリーン・フーヴァー サマンサ・ヤング シェィ・サベージ シャロン・ケンドリック シャロン・ページ シルヴィア・デイ ジェイミー・マクガイア ジェス・マイケルズ ジャシンダ・ワイルダー ジュリー・ケナー ジョディー・エレン・マルパス ジョージア・ケイツ タリン・フィッシャー チェリス・シンクレア ティファニー・ライス デルフィーヌ・ドライデン ノーラ・ロバーツ ビー・キーランド フェリシティー・ブランドン ペッパー・ウィンターズ マヤ・バンクス マリー・フォース ミア・シェリダン メガン・マーチ リサ・マリー・ライス リサ・レネー・ジョーンズ リサ・ヴァルデス ルシアン・バネ ローラ・リー ローレリン・ペイジ ローレン・デイン

Twitter でフォロー