フィフティ・シェイズ・オブ・グレイのスピンオフ

2015年8月16日 | ブログ | 2 コメント

先日、Twitterでちょろっとつぶやいたのですが、アメリカ フィフティ・シェイズ・オブ・グレイのファンサイト Laters, baby!(このファンサイトのオフ会には、作者EL ジェイムス本人も参加してしまうほど有名)でフィフティ・シェイズシリーズのスピンオフを考えよう企画がありましたて、これが意外に面白い。

なんとストーリーの主役はジャック。

ジャックと言えば、アナの上司でかなり歪んだ性癖を持ち、アナにセクハラを仕掛けた事で会社をクビになり、おまけに実はクリスチャンとも過去に繋がりが合ったとされるこのシリーズの2部と3部を盛り上げるのに欠かせない悪役。

ファンサイトLaters, baby!では、ブログのコメント欄を利用して、皆が自由にストーリーを1段落ずつ書いて行こう! と言う企画なのだが、そこに書かれていた内容を一部参考して、且つWet Rush独自の考えも盛り込んでまとめてみようと思いたった。

まず最初に以下は、すでにフィフティ・シェイズ シリーズを全部読んだ前提で書かれているので、まだ3部作全部読んでない人はちょっと分からない所があるのかもです、またこのストーリーは、ジャックがクリスチャン宅に不法侵入した事と妹マイアを誘拐した罪で逮捕され、その後裁判で彼の刑が確定するまでの間の話。結果ジャックは長い刑期を背負うこととなるので、結末は分かっているのだが、その間のドロドロ人間模様サスペンスを考えてみました。

ジャックは幼い頃、孤児として里親の元で生活していた。そこにやってきた、ネグレクトで痩せ細った幼い少年に出会う(それがクリスチャン)。大人になったジャックは嫌がる女性をレイプまがいに強引に襲うのを好む歪んだ性癖を持っていた。出版社で編集者として働くジャックは通常好みのアシスタント女性を採用し出張などに同行させる事で、女性を無理やり犯しながら写真やビデオを撮影してはそれをネタに脅す事で、被害女性の口封じをしていた。そんな中新しくジャックのターゲットになったのは、新入りアシスタントのアナ。しかしクリスチャンのアナに対する人並み以上の保護意識から、アナは被害を免れるのだが、ジャックはアナの彼氏クリスチャンが、幼い頃に出会ったやせ細り言葉を発する事も出来なかったあの孤児がだという事を知る。

さて、ここからがこのストーリーのプロットになります(あくまでも想像)。

クリスチャンは今や、誰もが知る若くしてビジネスで大成功を収めたCEO。ジャックは自分と同じ不幸を背負って生まれたクリスチャンが富も名誉、ましてや女も手に入れている事実に激しく嫉妬する。で、罪を犯し逮捕されるのだが、本人は反省どころが、より一層クリスチャンに対して悪意を持ち、自分をこんな目に追い込んだクリスチャンに対して復讐心を激しく抱いていた。

実際にクリスチャンへの復讐を果たすには、まずは罪を免れる、又は軽罪にして1日も早く刑務所を出る必要がある。その為自分を弁護する弁護士に、裁判が有利に働くようクリスチャンの隠された裏を探るように依頼する。

弁護士は、エレナという1人の女性が長い間クリスチャンと関わりがあった事を突き止める。

エレナはまだ少年だったクリスチャンをBDSMの世界に導いた人物。その後2人の関係が終わっても、クリスチャンにSubを紹介し続ける傍ら、友人orセフレのような関係がずっと続いていた。しかしクリスチャンがアナに恋した事で、2人の関係が完全に終わりを迎える時が来る。

エレナは、「クリスチャンが心を開くのは私だけ~」と思っていたが、アナに奪われ、関係が完全に終わりを迎えた事に相当腹を立ててるはず。「あの女さえいなけばぁ~」とアナを殺したいほど憎んでいるだろう。クリスチャンとアナを別れさせる為に、コンタクトをとって来たジャックの弁護士に、クリスチャンとBDSMの関係をずっと続けていた秘密を暴露するのか。

きっとエレナはアナを憎んでいるだけで、クリスチャンとはよりを戻したいと思ってるかもしれない。クリスチャンの秘密を暴露して、彼を落し入れてメリットはあるのか? それに10代の青年だったクリスチャンをBDSMの世界に引き込んだ事は、幼児虐待にあたるため、自分とクリスチャンの関係が明かになるのは、彼女にとって不利にもなる。

そこでエレナは、存在が疎ましいと思うアナをジャックと手を組み誘拐する(誘拐犯を雇う)。アナを誘拐後殺そうとする? 海外のBDSMオークションに売りさばく?

その間エレナはアナが誘拐され悲しむクリスチャンを励ますそぶりで彼に近づき、よりを戻す機会を狙う。

そしてもう1人、クリスチャンを激しく憎む人物が存在する。

エレナの元旦那のアイザック。

Domのアイザックは、Subで妻のエレナが、また十代の若い青年と浮気(BDSM)していた事を突き止める。しかも相手の青年クリスチャンがSubつまりエレナがDom。アイザックは、クリスチャンが19歳の時大学を中退し事業を起こすための資金をエレナが調達した事実も知った。その資金はアイザックの物だった。

自分の金を勝手に使い込み、裏で浮気していた元妻とクリスチャンを今でも憎んでいる。ましてやその調達金で彼は今やアメリカで5本の指に入るとされる大成功を収めた起業家。

アイザックは過去の恨みを果たすのに都合がいいジャックに手を差し伸べるかもしれない。

アイザックは、ジャックにコンタクトを取り、腕の良い弁護士を雇い、なるべく早く刑務所を出れるよう務める、また自分がジャックの変わりにクリスチャンを落し入れる事を約束する傍ら、自分の存在をエレナに秘密にするよう条件を出す。

アイザックは、クリスチャンがBDSM愛好者だという事を世間に暴露する。またクリスチャンと関係があった過去のめぼしいSubを味方につけ(賄賂を渡し)、いかにクリスチャンが非道なDomで性的暴行を受けたと大げさにマスコミに訴える。それはクリスチャンの世間でのイメージに大きなダメージを与え、彼の会社の株価にも影響を及ぼす程だった。また、裁判官であるクリスチャンの父や小児科医の母への評判にも大きな傷を付ける事となる。

世間の批判の的にさらさるクリスチャン、しかも嫁のアナが誘拐され、どっぷり心痛の中、実はBDSMによる虐待が行き過ぎて、アナは誘拐されたのではなく、クリスチャン本人がプレイ中に殺害してしまったのではないかと、噂まで経ち始め、警察は殺害も視野に入れ、クリスチャンの捜査を開始した。その事はより一層世間のクリスチャンをのイメージを悪くし・・・。

あぁ~。なんかサスペンス特有のドンデン返し欲しいね。

ジャック、エレナ、アイザックの他に、クリスチャンの近い人の誰かも実は黒幕だったみたいな。

テイラー? いやいや・・・それはない。
ミセス・ジョーンズ? それもないな。

たとえば・・・ クリスチャンの秘書? 普段さんざんこき使われて、クリスチャンを憎んでた? もしかしたら恋愛感情があったのかもしれない?

皆さん誰がいいと思います? てか、そもそもそんな人いらない?

またエンディングは?

クリスチャンとアナのHappy ever afterは確定済。クリスチャンはどうやって誘拐されたアナを救い出す? 世間のクリスチャンのイメージはどうやって払拭する?

ジャックも長いムショ暮らしはすでに決まってる。
じゃぁエレナは?
アイザックは? アイザックはどうやってエレナへの恨みを晴らそうとしたのか? ジャックを早く出所させる手助けの約束をした変わりに、出所後エレナを痛めつける又は、殺す条件をだした?

皆さん、一緒に考えてみませんか?

普段読書を楽しんでる皆さん、きっと、大いに肥えた目を持ってるはず、ぜひご意見おきかせください(以下コメントお待ちしています)。

日本語版Fifty Shadesシリーズ / 訳:池田 真紀子 (Amazon Japan)

2 コメント

  1. 初めまして。私も洋書でロマンスを読み始め、こちらに辿り着きました。各作品の書評を参考にしてます。

    面白いスピンオフですね。フィフティは悪役のキャラが立ってるから、もっと上手い使いようがあるはずだと思ってました。アナを誘拐するとしたらやっぱりエレナやジャックが妥当なんですが、ダークホースみたいな人でも推理小説みたいで面白いかも。その点で、有能秘書なんかいいですね。

    クリスチャンの汚名を晴らすには、やっぱりアナが戻ってきて「根も葉もない中傷です!」と訴えるしかないでしょう。本当はSM趣味があるけど、嘘も方便で否定しちゃうんです。

    うーん、こんなところしか思いつきませんねえ。

    返信する
    • 廿日草さんはじめまして!! おぉ洋書ロマンス仲間がまた1人。なかなか洋書ロマンスを語れる人が少ないので本当に嬉しいです!!!!

      フィフティーのスピンは半ば冗談で書いたのですが、誰が本格的にストーリーを書いてくれないかな…とか思ってみたり(私は書けないのでww)ロマンスでいうならマイヤとケイトの弟とか、タイラーとミセスジョーズの姉さんロマンスとか、アナにフラれたホゼの新たな出会いとかどんどんスピンが広げる事ができますね。私個人的には、これで終わりにするのでなく、続いていって欲しいと思ってみたり。

      あ、ブログ拝見させていただきました。
      Christina Laurenの新作もジャンジャンででますね。
      まったく読書スピードが追いついていけず焦るばかりです。

      これからもよろしくお願いします‼︎‼︎

      返信する

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Wet Rush ノベル

WetRush長編処女作ついに完成 ‼︎

紹介ページへ
今ならKindle Unlimited

レコメン

人気のページ

眠り姫、歓喜する魂 (2)
眠り姫、官能の旅立ち (1)
至上の愛へ、眠り姫 (3)
Dirty Filthy Rich Men: Dirty Duet (1)
Michael's Wings: The Original Sinners (6.3)
The Bourbon Thief
Darker: Fifty Shades of Grey #5
Backstage Pass: Sinners on Tour #1
シチリアの獅子に抱かれて
ついにここまできたぞ!! ブラック・ダガー・ブラザーフッド

過去記事アーカイブ

ブラックダガー ブラザー・フット特集

ブラックダガー

セイレーンの涙、天使のはつ恋 全シリーズ特集

オリジナル・シナーズ

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

おすすめ作家一覧

CD ライス CJ ロバーツ EL ジェイムス JA フス JD ロブ JM ドロワー J・R ウォード K ブロンバーグ LJ ディー M レイトン RK リリー SC スティーブンス SL ジェニングス TM フレイザー アナ・キャンベル アビー・グラインズ アリアンヌ・リッチモンド アリス・クレイトン アリーシャ・ローミング アン・ライス エデン・ブラッドレイ エマ・ジェイ エマ・チェイス エヴァ・クランシー オリビア・カニング キャリー・ハート クリスティン・アシュリー クリスティーナ・ローレン ケイト・ピアース ゲイル・マクヒュー コリーン・フーヴァー サマンサ・ヤング シェィ・サベージ シャロン・ケンドリック シャロン・ページ シルヴィア・デイ ジェイミー・マクガイア ジェス・マイケルズ ジャシンダ・ワイルダー ジュリー・ケナー ジョディー・エレン・マルパス ジョージア・ケイツ タリン・フィッシャー チェリス・シンクレア ティファニー・ライス デルフィーヌ・ドライデン ノーラ・ロバーツ ビー・キーランド フェリシティー・ブランドン ペッパー・ウィンターズ マヤ・バンクス マリー・フォース ミア・シェリダン メガン・マーチ リサ・マリー・ライス リサ・レネー・ジョーンズ リサ・ヴァルデス ルシアン・バネ ローラ・リー ローレリン・ペイジ ローレン・デイン

Twitter でフォロー