総合評価4星:Release Me: Stark Trilogy #1

2013年9月18日

stark1数々の美少女コンテストで素晴らしい成績を収めたニッキ(Nikki Fairchild)は、大人の女性へと成長し、美少女コンテストの栄光は過去の思い出となっていた。とあるパーティーで、元プロテニスプレイヤーで、引退後ビジネスを成功させた、ダミアン(Damien Stark)に再会する。7年前、ニッキが美少女クイーンだった頃、プロテニスプレイヤーだったダミアンに出会って以来だ。再会をきっかけにダミアンの強烈なアプローチにより、2人の関係は親しくなっていった。そんな折、ダミアンは、ニッキに100万ドルでヌード絵画のモデルになって欲しいと提案するのだが・・・。

著:J. Kenner

楽天ブックス | Amazon Japan | Amazon U.S.

Fifty ShadesCrossfire以来、すっかりアタリ本に見放されていた中、ついに キター!!。久々のアタリ本。シバシバする目に目薬さして、朝までノンストップで読みました。

Dominantのダミアンは、アルファ男特有の色気で、ニッキにグイグイせまります。再会を果たした、パーティーの後には、電話でいきなり

“I want to touch you” he says, his voice low and commanding. “I want to run my hands over every inch of you, I want you wet for me. I want to finish what we started, Ms. Fairchild. I want to make you come.”

こんな事言われたら、もう何も言えません(笑)。

“No more jeans. I want you only in skiers. No underwear. A garter if you want stocking. I want you accessible. Anytime, anywhere.”
“Damien,” I whisper.
“Main, you are mine.”
He whispers, the word telling me everything I need to know.

確かに、何も言えないな(笑)。

しかし、その後2人は何度か時間を共にするのですが、なかなか一線を超える事が出来ません。ニッキは、美少女コンテストに参加していた当時、クイーンの座を維持するために、虐待と言える程の仕打ちをステージママ化した母親から受けていました。その辛さから自分の身を守るために、彼女は自傷しており、またそんな自分に自信が持てずにいる中、ダミアンからニッキに100万ドルでヌード絵画のモデル提案。彼女の中で、傷だらけの体をダミアンに見せ絵画にすることへの抵抗と心の葛藤が、とても良く表現されており、涙を誘います。

そんなニッキのすべてを受け止めるダミアン。彼女の悲しみ、辛さ、痛み、葛藤、そのすべてをBDSMプレイで癒していきます。

胸熱度
濡れ度
泣き度
総合評価

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください