Rush Too Far: Rosemary Beach (4)

2014年6月29日 | バニラ, 洋書, 総合評価 4, 胸熱本 | コメント0件

Rush Too Far: Rosemary Beach #4

ラッシュ(Rush Finlay)がこの世でただ1人、恋してはいけない女性がいるとしたら、それはブレア(Blaire Wynn)だった。幼い頃から親代わりだった妹ナニーテ(Nannette)から父親を奪ったのはブレアと彼女の双子の姉。しかしラッシュの想像していたブレアと本当の彼女には大きな隔たりがあった。

  • 胸熱度 60% 60%
  • 濡れ度 40% 40%
  • 泣き度 50% 50%
  • 総合評価 60% 60%

Rosemary Beachシリーズの4部となっていますが、ストーリーは1部とまったく(ほぼ)同じ。1部はブレアのPOVで書かれた本に対し、この4部はラッシュのPOVで書かれています。読者がすでに1部を読んだ前提で、書かれた本なので、ストーリーの詳細や登場人物の説明などはカット、ラッシュのブレアに対しての心の変化や葛藤、妹ナンとの対立などに焦点を当てた、なんとも切ない思いにさせてくれる本。

不思議なのが、2部以降は、ヒーローとヒロインのPOV両方が盛り込まれたスタイルで、ストーリーが進むのに、1部は全編ブレアのPOVのみ。作者のアビー・グラインズ、1部だけラッシュのPOVが無いのは「こりゃイカン」とでも思ったのか、1部とほぼ同じページ数で、じっくりラッシュの思いを綴っています。

ストーリー自体は、すでに読んだ内容なので、先の展開が分かっている分、ちょっとマイナスですが、「おしんシンドローム(詳しくは1部レビュー参照)」にハマったWet Rushは、ラッシュがなんでそんな辛い状況にブレアを追い込んだのか、また、彼が何時ブレアに恋をして、どう彼の心が変わっていったのか興味深々だったので、丁度ラッシュのPOVが読みたいと思っていた所に、4部が発売され、かゆい所に手が届いたような心境。 

また、1部のブレアのPOVでは書かれていない、ラッシュとナンの確執やラッシュの女性を守る心理がナンからブレアに変わっていく様子なのが、アビー・グラインズの文章により、うまく表現されています。それにしてもナンは、ビッチだと改めて痛感。

見た目ワル&ワイルド、でも、中身はかなり繊細で、ロマンチストなラッシュ。女性はこういうギャップに弱いんですかねぇ・・・(間違いなく弱いな)。ブレアとラッシュのストーリーを読むなら、4部まで読むのをお勧めします。

Rosemary Beach Image

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Wet Rush ノベル

WetRush長編処女作ついに完成 ‼︎

紹介ページへ
今ならKindle Unlimited

レコメン

人気のページ

Dirty Filthy Rich Men: Dirty Duet (1)
フィフティ・シェイズ・オブ・ダーカー (2)
The Rose: The Godwicks (2)
完璧な恋に魂を捧げて: A Sign of Love (7)
セイレーンの涙: The Original Sinners  (1)
Defiant Queen: Mount Trilogy (2)
Michael's Wings: The Original Sinners (6.3)
映画: Fifty Shades Freed
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ(1)
至上の愛へ、眠り姫 (3)

過去記事アーカイブ

ブラックダガー ブラザー・フット特集

ブラックダガー

セイレーンの涙、天使のはつ恋 全シリーズ特集

オリジナル・シナーズ

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

おすすめ作家一覧

CD ライス CJ ロバーツ EL ジェイムス JA フス JD ロブ JM ドロワー J・R ウォード K ブロンバーグ LJ ディー M レイトン RK リリー SC スティーブンス SL ジェニングス TM フレイザー アナ・キャンベル アビー・グラインズ アリアンヌ・リッチモンド アリス・クレイトン アリーシャ・ローミング アン・ライス エデン・ブラッドレイ エマ・ジェイ エマ・チェイス エヴァ・クランシー オリビア・カニング キャリー・ハート クリスティン・アシュリー クリスティーナ・ローレン ケイト・ピアース ゲイル・マクヒュー コリーン・フーヴァー サマンサ・ヤング シェィ・サベージ シャロン・ケンドリック シャロン・ページ シルヴィア・デイ ジェイミー・マクガイア ジェス・マイケルズ ジャシンダ・ワイルダー ジュリー・ケナー ジョディー・エレン・マルパス ジョージア・ケイツ タリン・フィッシャー チェリス・シンクレア ティファニー・ライス デルフィーヌ・ドライデン ノーラ・ロバーツ ビー・キーランド フェリシティー・ブランドン ペッパー・ウィンターズ マヤ・バンクス マリー・フォース ミア・シェリダン メガン・マーチ リサ・マリー・ライス リサ・レネー・ジョーンズ リサ・ヴァルデス ルシアン・バネ ローラ・リー ローレリン・ペイジ ローレン・デイン

Twitter でフォロー