ペッパー・ウィンターズ作品一覧

Indebted Epilogue: Indebted (6.5)

Indebted Epilogue: Indebted (6.5)

ホーク家の長男がウィバァー家の長女を誘拐、監禁、暴行、殺害する。という長きに渡る非人道的なしきたりに終止符を打ったジェスロ・ホーク(Jethro Hawk)とニラ・ウィバァー(Nila Weaver)はやっと穏やかな幸せを手に入れた。著:ペッパー・ウィンターズ Amazon Japan胸熱度濡れ度泣き度総合評価最終部のその後を綴ったIndebtedシリーズ6.5部。 この本に関してはハッキリ言って、あんま感想ないなぁ…。 やっと悪を退治して、その後2人は幸せを掴みました。っていう話。...

続きを読む
Final Debt: Indebted (6)

Final Debt: Indebted (6)

600年間脈々と受け継がれて来たホーク家によるウィバァー家への悲劇。7人目の生贄ウィバァー家の長女ニラ・ウィバァー(Nila Weaver)は最後の負債回収儀式、死に向けて追いつめられていった。ホーク家の長男ジェスロ・ホーク(Jethro Hawk)はこの馬鹿げた悲劇に終止符を打つべく翻弄するが、行く手には多くの憎悪や脅迫が溢れていた。著:ペッパー・ウィンターズ Amazon Japan 胸熱度濡れ度泣き度総合評価いよいよ最終部、Indebtedシリーズ6部目。 Wet...

続きを読む
Fourth Debt: Indebted (5)

Fourth Debt: Indebted (5)

ジェスロ・ホーク(Jethro Hawk)の父への裏切りがばれ、ジェスロは実の父に射殺されてしまった。彼だけを頼りに殺さる運命と知りながらホーク家に戻ったニラ・ウィバァー(Nila Weaver)は敵の中に一人取り残されてしまう。そして未遂に終わった3度目の負債回収儀式の再現と、4度目、そして最後の5度目に一人で立ち向なければならず、絶対絶命の状態だった。著:ペッパー・ウィンターズ Amazon Japan 胸熱度濡れ度泣き度総合評価Indebtedシリーズ5部目。...

続きを読む
Third Debt: Indebted (4)

Third Debt: Indebted (4)

ニラ・ウィバァー(Nila Weaver)は兄の助けにより、ホーク家から奇跡的に解放された。しかし彼女の本心はあれほど望んだ解放を今はもう嬉しく思っていなかった。ジェスロ・ホーク(Jethro Hawk)の元に戻り彼を助けたい。そんな思いから殺される運命と知りながら、ホーク家に戻るニラ。愛を交わしたジェスロと一緒にホーク家にたち向かう決意でジェスロの元に戻るニラだった。著:ペッパー・ウィンターズ 楽天ブックス | Amazon Japan...

続きを読む
Second Debt: Indebted (3)

Second Debt: Indebted (3)

ニラ・ウィバァー(Nila Weaver)は心の中で格闘していた。全ての自由を突然奪い監禁させられた上に、600年も前のウィバァー家の罪を償えと狂気を逸した注文を付けてきたジェスロ・ホーク(Jethro Hawk)。殺したい程憎いはずか、硬い氷の壁に覆われた冷血な風貌の奥にひっそり潜むジェスロの暖かさに気づいてしまったある日、彼を愛し始めている自分がいた。しかし無情にも2度目の負債を払う儀式は行われていく。著:ペッパー・ウィンターズ 楽天ブックス | Amazon Japan...

続きを読む
First Debt: Indebted (2)

First Debt: Indebted (2)

ジェスロ・ホーク(Jethro Hawk)によって囚われの身となってしまったニラ・ウィバァー(Nila Weaver)。全く納得できない状況に嘆く日々から少しずづ心に変化が現れていた。「必ず生き残ってみせる」ニラの決意は自分自身を成長させ強さを備えて初める。そんな中いよいよ最初の負債を支払う儀式が迫ってくるのだが。著:ペッパー・ウィンターズ 楽天ブックス | Amazon Japan...

続きを読む
Debt Inheritance: Indebted (1)

Debt Inheritance: Indebted (1)

イギリス貴族を先祖に持つニラ・ウィバァー(Nila Weaver)は代々続く織物業に関連してファッションデザイナーとして成功を収めつつあった。ファッションショーが成功を収めたある日、突然父に紹介された魅力的だが冷たい印象の男性ジェスロ・ホーク(Jethro Hawk)。ニラはジェスロの策略により連れ去られてしまう。著:ペッパー・ウィンターズ 楽天ブックス | Amazon Japan 胸熱度濡れ度泣き度総合評価前回に続き、ダークロマンスの新星スター(勝手に命名by Wet...

続きを読む
Je Suis à Toi: Monsters in the Dark (3.5)

Je Suis à Toi: Monsters in the Dark (3.5)

テス(Tess Snow)とQ(Quincy Mercer)が結婚してから3年の歳月が経とうとしていた。ここ最近何か悩み事を抱えてるいるようなQ。彼の様子が気になるテスは、間近にせまるQの誕生日にサプライズで旅行を計画する。 著:ペッパー・ウインターズ 楽天ブックス | Amazon Japan 胸熱度濡れ度泣き度総合評価 ダークロマンスと言えばペッパー・ウィンターズと言うくらい、エグいロマンスにすっかりハマったMonsters in the Darkシリーズ、最近3.5部なる続編が出版されたので、早速読んでみた。...

続きを読む
Destroyed

Destroyed

名目スポーツジムの裏で本当はファイトクラブを経営するフォックス(Obsidian Fox)はある日、クラブに訪れたハゼル(Hazel Hunter)に出会う。2人は否定できない思いに惹かれあっていくのだが、お互いが抱える問題はあまりにも大きかった。著:ペッパー・ウィンターズ 楽天ブックス | Amazon Japan | Amazon U.S....

続きを読む
Quintessentially Q: Monsters in the Dark (2)

Quintessentially Q: Monsters in the Dark (2)

奴隷としての監禁から解放されたテス(Tess Snow)だが、Q(Quincy Mercer)を忘れられず、自らの意思でQのもとに戻り、2人はサドとマゾとしてお互いにしか分かりえない感情をぶつけながら、関係を深めていった。すべては完璧と思えた矢先、テス本来の強さが裏目にでたことや、Qが行っている被害を受けたSubを解放する活動などが端を発し、テスは誘拐されてしまう。やっとめぐり合えたかけがえのない女性、テスを守れなかった自責の念に駆られるQは、必死にテスの行方を探すのだが。著:ペッパー・ウィンターズ 楽天ブックス | Amazon...

続きを読む
Tears of Tess: Monsters in the Dark (1)

Tears of Tess: Monsters in the Dark (1)

オーストラリア人のテス(Tess Snow)は大学卒業をまじかに控え、彼氏のブラックス(Brax)とメキシコ旅行を楽しんでいた。しかたなくブラックスと訪れた薄気味悪いレストラン。見るからに怪しい雰囲気の男達にテスは誘拐されてしまう。そして彼女が行き着いた牢獄のような部屋には自分と同じように誘拐された女性達が数多くひしめいていた。誘拐の目的は・・・。怪しい男達は、若い女性を誘拐し性奴隷として売りさばくブローカーだった。著:ペッパー・ウィンターズ 楽天ブックス | Amazon Japan | Amazon U.S....

続きを読む

Wet Rush ノベル

WetRush長編処女作ついに完成 ‼︎

紹介ページへ
今ならKindle Unlimited

レコメン

人気のページ

Dirty Filthy Rich Men: Dirty Duet (1)
フィフティ・シェイズ・オブ・ダーカー (2)
映画: Fifty Shades Freed
Michael's Wings: The Original Sinners (6.3)
Defiant Queen: Mount Trilogy (2)
The Rose: The Godwicks (2)
セイレーンの涙: The Original Sinners  (1)
完璧な恋に魂を捧げて: A Sign of Love (7)
The Prince: The Original Sinners (3)
One More Chance: Rosemary Beach (8)

過去記事アーカイブ

ブラックダガー ブラザー・フット特集

ブラックダガー

セイレーンの涙、天使のはつ恋 全シリーズ特集

オリジナル・シナーズ

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

おすすめ作家一覧

CD ライス CJ ロバーツ EL ジェイムス JA フス JD ロブ JM ドロワー J・R ウォード K ブロンバーグ LJ ディー M レイトン RK リリー SC スティーブンス SL ジェニングス TM フレイザー アナ・キャンベル アビー・グラインズ アリアンヌ・リッチモンド アリス・クレイトン アリーシャ・ローミング アン・ライス エデン・ブラッドレイ エマ・ジェイ エマ・チェイス エヴァ・クランシー オリビア・カニング キャリー・ハート クリスティン・アシュリー クリスティーナ・ローレン ケイト・ピアース ゲイル・マクヒュー コリーン・フーヴァー サマンサ・ヤング シェィ・サベージ シャロン・ケンドリック シャロン・ページ シルヴィア・デイ ジェイミー・マクガイア ジェス・マイケルズ ジャシンダ・ワイルダー ジュリー・ケナー ジョディー・エレン・マルパス ジョージア・ケイツ タリン・フィッシャー チェリス・シンクレア ティファニー・ライス デルフィーヌ・ドライデン ノーラ・ロバーツ ビー・キーランド フェリシティー・ブランドン ペッパー・ウィンターズ マヤ・バンクス マリー・フォース ミア・シェリダン メガン・マーチ リサ・マリー・ライス リサ・レネー・ジョーンズ リサ・ヴァルデス ルシアン・バネ ローラ・リー ローレリン・ペイジ ローレン・デイン

Twitter でフォロー