拾われた乙女~調教の館~: The Original Sinners #0.5

2017年8月6日 | BDSM, 和書, 濡れ本, 総合評価 4, 胸熱本 | コメント0件

拾われた乙女~調教の館~

キングスレー(Kingsley Edge)は、実業家としての顔の裏で、SMクラブを経営し、プライベートなSMプレイの斡旋もする夜のニューヨークの仕切る人物として名をはせていた。ある人物からの依頼で、専属Subを探していた彼は、シャーロット(Charlotte Brand)に出会う。過去BDSMの経験もないシャーロットだが、キングスレーの魅力と彼からの提案を受け入れ、依頼者の専属SubとなるべくキングスレーからBDSMの個人調教を1ヶ月受ける事となる。

  • 胸熱度 100% 100%
  • 濡れ度 100% 100%
  • 泣き度 20% 20%
  • 総合評価 90% 90%

The Original Sinnersシリーズの0.5部にあたる、キングスレーのエピソードを綴った短編本。この本はすでに原書を読んでいるので、内容レビューはそちらを見て下さいな。

って、やっぱ私好きだな〜。本のタイトル「拾われた乙女~調教の館~」ってなんとも毒々しく怪しい感じプンプンだが、実際はなんか微笑ましくて、刹那い。

エロはもちろんだけど、それだけじゃ無い。

キングスレーの本気なんだか冗談なんだかわかんない自惚れ感とか、美容師のシャーロットが、キングスレーの髪を切るシーンとか、ニタァ〜と笑いが思わずこみ上げる程に微笑ましい。それに、2人の関係が終わる頃には、刹那さもあって、そしてエンディングの運びもあっと驚く余韻満載で、短編のあるべき姿の模範のような本だわ。

まず、無駄な登場人部はカット、シャーロットとキングスレーの関係以外話を広げすぎず、あくまでも2人の関係だけに話を集中させて、その中でエロや喜怒哀楽を表現して、最後は話をバッサリ切る事で、生まれる読者の想像への刺激。

ページ数が少ない短編故にこういう書き方って上手いなぁ〜と関心してしまいますよ。

所で、キングスレーって日本語で、キングズリーって訳されてるのね。私ずっとキングスレーって訳してた。って、Kingsley、最後は”Y”だから「レー」と思ったけど違うのね。「リー」だったKingsreeじゃない? カタカナ発音難しぃぃ。

このシリーズ、本編は終わりを迎えているのだが、スピンオフみたいな形でまだ話は続いてる。先日は本編ヒロイン、ノーラが書いたとされるどエロ本The Redが発売され(レビューはこちら)、次は「天使のはつ恋」でBLを繰り広げたマイケルの本が11月7日に発売される。将来的にキングスレーがヒーローとなるロマンスを本格的に書くと言ってるティファニー・ライスいつまでも付いてきますよぉ〜。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Wet Rush ノベル

WetRush長編処女作ついに完成 ‼︎

紹介ページへ
今ならKindle Unlimited

レコメン

人気のページ

Dirty Filthy Rich Men: Dirty Duet (1)
The Bourbon Thief
Michael's Wings: The Original Sinners (6.3)
Father Mine: Black Dagger Brotherhood (6.5)
睡魔とエロチカロマンス
Sinful Empire: Mount Trilogy (3)
悲しみの夜の向こう: Rosemary Beach (1)
眠り姫、歓喜する魂 (2)
眠り姫、官能の旅立ち (1)
映画: Fifty Shades Freed

過去記事アーカイブ

ブラックダガー ブラザー・フット特集

ブラックダガー

セイレーンの涙、天使のはつ恋 全シリーズ特集

オリジナル・シナーズ

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

おすすめ作家一覧

CD ライス CJ ロバーツ EL ジェイムス JA フス JD ロブ JM ドロワー J・R ウォード K ブロンバーグ LJ ディー M レイトン RK リリー SC スティーブンス SL ジェニングス TM フレイザー アナ・キャンベル アビー・グラインズ アリアンヌ・リッチモンド アリス・クレイトン アリーシャ・ローミング アン・ライス エデン・ブラッドレイ エマ・ジェイ エマ・チェイス エヴァ・クランシー オリビア・カニング キャリー・ハート クリスティン・アシュリー クリスティーナ・ローレン ケイト・ピアース ゲイル・マクヒュー コリーン・フーヴァー サマンサ・ヤング シェィ・サベージ シャロン・ケンドリック シャロン・ページ シルヴィア・デイ ジェイミー・マクガイア ジェス・マイケルズ ジャシンダ・ワイルダー ジュリー・ケナー ジョディー・エレン・マルパス ジョージア・ケイツ タリン・フィッシャー チェリス・シンクレア ティファニー・ライス デルフィーヌ・ドライデン ノーラ・ロバーツ ビー・キーランド フェリシティー・ブランドン ペッパー・ウィンターズ マヤ・バンクス マリー・フォース ミア・シェリダン メガン・マーチ リサ・マリー・ライス リサ・レネー・ジョーンズ リサ・ヴァルデス ルシアン・バネ ローラ・リー ローレリン・ペイジ ローレン・デイン

Twitter でフォロー