Thief: Love Me with Lies (3)

2014年7月16日 | 洋書, 総合評価 3 | コメント0件

Thief: Love Me with Lies #3

レス(Leah)との離婚が成立したカレブ(Caleb Drake)だったが、オリバ(Olivia Kaspen)はすでに別の男性と結婚しており、手の届かない存在となっていた。しかしいくら諦めようとしても決して忘れることの出来ない思い。カレブはこれがラストチャンスと心に誓い、オリバを取り戻そうとしていた。

  • 胸熱度 90% 90%
  • 濡れ度 10% 10%
  • 泣き度 40% 40%
  • 総合評価 50% 50%

Love Me with Liesシリーズ3部目。1部はオリバ、2部はレス、そして3部はカレブのPOV。お互いが思いを寄せているのに、ここまで歯車が合わないカップルって・・・読者を強烈にキリキリさせるストーリーだなと実感。そして、やっと、本当にやっと2人は幸せを掴む。

考えてみれば、このシリーズ、3部の終盤になるまで、オリバとカレブは一度しかセックスしない。それなのに長編3部作でここまで2人の思いを熱く引っ張れるストーリー展開って、なんともすごいなと思ってみたり。このシリーズは、章ごとに現代と過去が交互に書かれています。時系列で話が進んだら飽きてくる所が、現在と過去が織り交ぜることで、真実が明らかになってくるように設定されており、飽きずに読めます。また、1~3部、ほぼ同じ時期を3人のPOVによって書き上げる事で、別の側面も見えてくる、作者タリン・フィッシャーがストーリーを緻密に計算して書き上げた印象がうかがえる。

率直なWet Rushの感想としては、1部と2部でこれでもか、これでもかとすれ違いを見せるオリバとカレブ、ハッピーエンドで終わる事は事前に分かっていたので、3部ではさっさと一緒になって欲しかった。しかし、実際の内容は、3部も同じくなかなか一緒になれない。いつもは、好きなフレーズを何度か読み返してじっくり読書を楽しむWet Rushだが、今回は2人が一緒になるのが待ちきれず、流し読みした所もある。こんなに焦って先を急ぐ読み方をした自分に、改めて驚いています。

思えば、シリーズを通して、オリバとカレブの別れ2度あった。1度目はオリバの内なる問題で2人は別れ、2度目はレスの陰謀により別れ、極論を言ってしまうと、カレブは2人の女性に振り回された事になる。しかし、レスという不の存在があったから、カレブはオリバの良さを実感し、彼女を心のよりどころにしていたのかもしれない。

いやぁ~オリバとカレブ、本当に結ばれてよかった。ふぅ~ぅ。

表紙のモデルの男性、カッコイイなぁ~。誰なんだろう。どなたかご存じの方教えてください。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Wet Rush ノベル

WetRush長編処女作ついに完成 ‼︎

紹介ページへ
今ならKindle Unlimited

レコメン

人気のページ

The Rose: The Godwicks (2)
One More Chance: Rosemary Beach (8)
Forever Too Far: Rosemary Beach (3)
フィフティ・シェイズ・オブ・ダーカー (2)
Dirty Filthy Rich Men: Dirty Duet (1)
完璧な恋に魂を捧げて: A Sign of Love (7)
映画: Fifty Shades Freed
Darker: Fifty Shades of Grey #5
世界で一番美しい声: A Sign of Love (4)
Simple Perfection: Rosemary Beach (6)

過去記事アーカイブ

ブラックダガー ブラザー・フット特集

ブラックダガー

セイレーンの涙、天使のはつ恋 全シリーズ特集

オリジナル・シナーズ

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

おすすめ作家一覧

CD ライス CJ ロバーツ EL ジェイムス JA フス JD ロブ JM ドロワー J・R ウォード K ブロンバーグ LJ ディー M レイトン RK リリー SC スティーブンス SL ジェニングス TM フレイザー アナ・キャンベル アビー・グラインズ アリアンヌ・リッチモンド アリス・クレイトン アリーシャ・ローミング アン・ライス エデン・ブラッドレイ エマ・ジェイ エマ・チェイス エヴァ・クランシー オリビア・カニング キャリー・ハート クリスティン・アシュリー クリスティーナ・ローレン ケイト・ピアース ゲイル・マクヒュー コリーン・フーヴァー サマンサ・ヤング シェィ・サベージ シャロン・ケンドリック シャロン・ページ シルヴィア・デイ ジェイミー・マクガイア ジェス・マイケルズ ジャシンダ・ワイルダー ジュリー・ケナー ジョディー・エレン・マルパス ジョージア・ケイツ タリン・フィッシャー チェリス・シンクレア ティファニー・ライス デルフィーヌ・ドライデン ノーラ・ロバーツ ビー・キーランド フェリシティー・ブランドン ペッパー・ウィンターズ マヤ・バンクス マリー・フォース ミア・シェリダン メガン・マーチ リサ・マリー・ライス リサ・レネー・ジョーンズ リサ・ヴァルデス ルシアン・バネ ローラ・リー ローレリン・ペイジ ローレン・デイン

Twitter でフォロー