Until Fountain Bridge: On Dublin Street (1.5)

2014年2月11日 | バニラ, 洋書, 総合評価 2 | コメント0件

Until Fountain Bridge: On Dublin Street #1.5

脳に腫瘍が見つかり、大手術を経験したエリー(Eille Carmchael)。病が発覚したことで、長い間、片思いだった兄の友人のアダム(Adam Sutherland)への思いがやっと実り、2人は幸せだった。アダムの家で同棲を始めた2人、過去に日記に目を通すエリー、2人の長い長い歴史に思いを巡らせていく。

  • 胸熱度 30% 30%
  • 濡れ度 10% 10%
  • 泣き度 40% 40%
  • 総合評価 30% 30%

On Dublin Streetシリーズの1.5部。ブレイデン(Braden )の妹エリーと、ブレイデンの子供の頃からの親友アダムのストーリー。中編小説ですので、サラっと読めます、

そして、なんともエリーが可愛い。1部を呼んだ人なら、エリーがどんなキャラか知ってると思いますが、色で表すなら、オフホワイトとベイビーピンクのストーリーです。彼女のふわふわしたイメージが本から伝わって来て、思わず笑顔になります。脳の手術で、髪を無くしたエリー、本の中でベリーショートの彼女を、アダムは可愛いと言うように、本当に可愛いんだろうな、と想像してみたり、それにしては、本のカバーの写真、全然イメージ違うけど・・・(汗)。

元ルームメイトで、兄の彼女のジョスリン(Jocelyn )は、小説家の卵(ほぼ目が出つつある)。「恋愛小説なんて、絶対書かない!」と彼女は言うけれど、ロマンス大好きなエリーは、ジョスリンに恋愛小説を書いてもらいたい、そこで、ストーリーの参考してもらおうと、彼女の過去の日記を渡そうと考える。アダムと一緒に日記に目を通すエリー、そこには、長い長い月日におよぶエリーのなんとも切ない思いが綴られいた。

改めて、エリーの思いを知ったアダムは、

”He clamped a large hand down on mine as I moved to lift the diaries. I glanced up at him and he shook his head with a small smile. “It’s painful to read how my stupidity hurt you at the time, but I like being inside your head. I like knowing that while I was struggling with the fact that I had fallen in love with my best friend’s little sister, she loved me back more than I could ever hope to deserve.”

“Smart, funny, beautiful, passionate and she tells me I can do anything I want to her.”

“Ellie, I want everything with you.”

日本語版On Dublin Streetシリーズ / 訳:金井 真弓 (Amazon Japan)

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Wet Rush ノベル

WetRush長編処女作ついに完成 ‼︎

紹介ページへ
今ならKindle Unlimited

レコメン

人気のページ

Dirty Filthy Rich Men: Dirty Duet (1)
フィフティ・シェイズ・オブ・ダーカー (2)
映画: Fifty Shades Freed
Michael's Wings: The Original Sinners (6.3)
Defiant Queen: Mount Trilogy (2)
The Rose: The Godwicks (2)
セイレーンの涙: The Original Sinners  (1)
完璧な恋に魂を捧げて: A Sign of Love (7)
The Prince: The Original Sinners (3)
One More Chance: Rosemary Beach (8)

過去記事アーカイブ

ブラックダガー ブラザー・フット特集

ブラックダガー

セイレーンの涙、天使のはつ恋 全シリーズ特集

オリジナル・シナーズ

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

ノーラ・ロバーツのサイン会に行ってきた

おすすめ作家一覧

CD ライス CJ ロバーツ EL ジェイムス JA フス JD ロブ JM ドロワー J・R ウォード K ブロンバーグ LJ ディー M レイトン RK リリー SC スティーブンス SL ジェニングス TM フレイザー アナ・キャンベル アビー・グラインズ アリアンヌ・リッチモンド アリス・クレイトン アリーシャ・ローミング アン・ライス エデン・ブラッドレイ エマ・ジェイ エマ・チェイス エヴァ・クランシー オリビア・カニング キャリー・ハート クリスティン・アシュリー クリスティーナ・ローレン ケイト・ピアース ゲイル・マクヒュー コリーン・フーヴァー サマンサ・ヤング シェィ・サベージ シャロン・ケンドリック シャロン・ページ シルヴィア・デイ ジェイミー・マクガイア ジェス・マイケルズ ジャシンダ・ワイルダー ジュリー・ケナー ジョディー・エレン・マルパス ジョージア・ケイツ タリン・フィッシャー チェリス・シンクレア ティファニー・ライス デルフィーヌ・ドライデン ノーラ・ロバーツ ビー・キーランド フェリシティー・ブランドン ペッパー・ウィンターズ マヤ・バンクス マリー・フォース ミア・シェリダン メガン・マーチ リサ・マリー・ライス リサ・レネー・ジョーンズ リサ・ヴァルデス ルシアン・バネ ローラ・リー ローレリン・ペイジ ローレン・デイン

Twitter でフォロー